FC2ブログ

アマチュア無線・広帯域受信機(レシーバー)・トランシーバー業界NEWS(ニュース) by CQオーム

 アマチュア無線・広帯域受信機(レシーバー)・トランシーバー業界のTOPICS(トピックス)・NEWS(ニュース)をまとめてご案内! 新製品情報やメーカーさん情報も多数! どこよりも早くご案内・ご紹介
 

FTDX1200 ズバリ! FTDX3000とはここが違う!

FTDX1200 ズバリ! FTDX3000とはここが違う!
re1.jpg

◆FTDX1200は、かなりコストパフォーマンスの高い新型モデルです。性能的には、FTDX3000と、FT-950のちょうど間くらいに位置します。今回は、速報的に、FTDX3000とはどこが違うのか……をまとめてみました。

◆まずは、基本的な受信回路の話!
ダウンコンバージョンとトリプルコンバージョン(アップコンバージョン)について。
FTDX3000は、基本的な受信回路が、ダウンコンバージョン方式で、FTDX1200は、トリプルコンバージョン方式です。
トリプルの方が性能が良さそうなイメージですが、実際は、ダウンコンバージョンの方が性能は上となります。
簡単に言いますと、IF段の段数・部品数が少なくなるため、内部でのロスやノイズが少なく、弱い信号に強くなるというイメージです。また、物理的なルーフィングフィルターも低いIF段周波数用の方が、シャープで性能のよいものが使えるという利点もあります。

さて、実際上の違いがどのくらいあるか……これが難しいところですが、2Kセパレート近接など、ハードな使用時には、トリプルコンバージョン方式か、ダウンコンバージョン方式なのかの違いが出てきます。しかし、実際には、二台を同じ環境において、聞き比べてみないと、聞こえる・聞こえないの差は出てこないかもしれません。それくらい、現在の、トリプルコンバージョン方式は、性能が上がってきているんです。ここ10年くらいの基本的な受信性能の向上は驚くべきものがあります。

◆ちなみに、DSPユニットは、FTDX3000、FTDX5000と同じ、テキサス「TMS320C6727B」を使用しています。300Mクロック、最大2800MIPSで、抜群のDSPの効きを誇っています。
これ、技術さんでも、ローバンド以外で普通に聴いた感じては、3000と差がなく、時々3000と聞き間違う程とのことです。

◆ルーフイングフィルター標準装備です。15k/6k/3kと装備しており、オプションで買い足す必要性はありません。40.455MHzのIFも60Mと比較して良好なシェープファクターも確保できるため、同じ方式の60Mと比較しても性能が出やすいです。

◆メインディスプレイは3000と同じ。
メインディスプレイ4.3インチTFTは同じで、大きくて見やすい表示はそのまま。周波数表示やレイアウト・大型のスコープ画面はFTDX3000よりもさらに見やすくなったかもしれません。

◆スペクトラムスコープ機能は、受信部共用です!
また、この価格帯で、スペクトラムスコープを搭載しているのは画期的。
ただし、FTDX3000が、受信部と完全別個なのに対して、FTDX1200は、受信部と共用になっています。受信とスコープ動作は同時に働きません。
ボタンを押す度に1回スイープを行うマニュアルモードと連続でスイープを行うオートモードに加え、メインダイアルの操作に従って自動的にスイープを行うASCモードを搭載。
実際上は、ダイヤル操作している時には、自動でスコープに切り替わるので、ほとんど違和感は感じないかも。よく出来ているなあと思います。厳密には、スコープと受信部は別個に動作していませんので、スコープを常時見ていながら、受信操作もしたいという方は、FTDX3000が必要となります。

◆ダイヤルブレーキ機構の調整 使いやすくなる。
片手で出来るようになりました。
これは、FTDX3000よりもやりやすくなりました。

◆サブディスプレイがなくなる。
メインダイヤル上の周波数表示がなくなりました。

◆下記は、オプション対応になりました!
まずは、FFT-1。
内部に実装することで、FTDX3000の以下の機能が使えるようになります。
AF-FFTスコープ機能、RTTY/PSK31エンコードデコード機能、CWデコード機能、CWオートゼロイン機能。
もう一つが、SCU-17。
FTDX3000の中に入っているものと同じです。
USB一本で電源供給、接続。
950/450シリーズも仕様可能。
CT-62使えば、857/897/817も仕様可能。
CT-39+大きいDINコネクター使えば、5000シリーズや9000シリーズでも使用可能。

◆全体としては……。
持って出歩けるように、10Kgを切る総重量。
どんな人によいか CW勝負派 バンドスコープ常に必要という方はFTDX3000か。

◆価格差はどこにあるか まとめるとこんな感じ↓
・トリプルコンバージョン方式に変更。
・スペクトラムスコープは受信部を共用。
・サブディスプレイをカット。
・その他、入れられなかった機能をオプションにしている。
これらが、価格差(定価)にして10万円ほどの違いになっています。

re2.jpg
◆まとめ
この価格帯の機種としては、素晴らしい出来だと思います。
9000、5000、3000に続くという意味では、位置づけとしては、中級機と言えるかもしれませんが、中級機といえど、10年前の高級機クラスの受信性能が十分にあります。また、DSPやルーフィングフィルター、スペクトラムスコープなどの各種機能が使えます。FTDX3000/5000は価格的に手が出ないなという方には、本機は非常に強力な選択肢になりそうです!


CQオームに戻る
トピックストップに戻る


 


 

スポンサーサイト



 
 

これは面白そう!小中学生向けアマチュア無線入門講座!参加者大募集中!

これは面白そう!
小中学生向けアマチュア無線入門講座!
参加者大募集中!
写本 -MP900442243
アマチュア無線って何? アマチュア無線に興味ある!
まだアマチュア無線の免許をもっていないよ! という小中学生の皆さん!
また、『うちの子にも、アマチュア無線の免許をとらせたいけど、きっかけがなあ~。その前段階として、何か、いい企画がないかなあ~』という親御さんも必見です!


参加費:無料(参加全員に記念品をプレゼント)
日 時:平成 25年6月30日(日) 14:00~16:30(受付13:30~)
場 所:科学技術館(第3会議室)(ホームページ:http://www.jsf.or.jp/
千代田区北の丸公園2-1
対 象:小・中学生(保護者の参加も可能)
定 員:小・中学生40名程度 (保護者を含め80名程度)
主 催:一般財団法人 日本アマチュア無線振興協会
協 力:一般社団法人 日本アマチュア無線連盟(予定)
日本アマチュア無線機器工業会(予定)


小中学生(アマチュア無線の資格をお持ちでない方)向けのアマチュア無線入門講座があります! なかなか面白そうですので、ご紹介させていただきます。次の世代を育てないといけませんからね!
まだ、PDFだけで、詳しい情報がなかったので、ちょっと内容を聞いてみました! 変更の可能性はありますが、かなりの充実した内容ですよ!


まず、前半は講演とゲーム。
ま ずは、電波って何?……携帯電話、ラジオ、テレビ、リモコン、WIFI、Bluetoothなどなど身の回りの各種機器のお話から始まって、アマチュア無 線の話へ。アマチュア無線の様々な楽しみ方として、移動運用や、D-STAR、QSLカード交換、コンテスト、アワードや各種イベントの話まで展開予定!  続いて『モールス体験ゲーム!』では、幾つか、実際のモールス符号を覚えてもらって、チームでモールス信号送信と解読ゲーム! いやあ、昔のスパイゲームを思い出すなあ……笑。かなり白熱しそうです! 面白そうでしょ!


他に、「無線交信の実際」を体験できるコーナーもあるようです。特定小電力トランシーバーを使った通話ですね。トランシーバーによる交信、初体験の子も多いのではないでしょうか~。


後半は、FMラジオキットの工作教室です。ハンダ付け不要の キットを作ります。なかなか、最近はこういう機会が少ないように思います。昔は、いろいろと工作教室があったんですけれどね……。これ、簡単だけど、かな り格好いい! 完成したら、お持ち帰りいただけます。いい思い出になりますよね!
HAKO.jpg

参加希望の方は、6/17までにお申し込み下さい。
先着順ですから、希望の方は、早めに申込をお勧めします!
http://www.jard.or.jp/media/info/events_guidelines_20130630.pdf
こういう企画が、定期的に、また、全国に広がったらいいですね!


CQオームに戻る
トピックストップに戻る


 


 

 
 

FT1D+MH-85A11Uによるアウトドア写真集!

近所の森林公園にてFT1D+カメラマイクで撮影した画像です。
サイズは320×240ドット、画質は「HIGH」です。
編集なしで、マイクロSDからそのまま取り出した生データです。

HE08fD000013.jpg

HE08fD000002.jpg

HE08fD000006.jpg

HE08fD000007.jpg

HE08fD000012.jpg

HE08fD000018.jpg

HE08fD000020.jpg

HE08fD000022.jpg

HE08fD000024.jpg

HE08fD000026.jpg

天候にもよるかなと思いますが、色合いはちょっと厳しいところも……。
しかし、これをFT1Dでやりとり出来るとなれば、工夫次第でいろいろと楽しめそうです~。


CQオームに戻る
トピックストップに戻る


 


 

 
 

IC-DPR3交信距離実験 結果発表!

IC-DPR3交信距離実験 無事終了しました!


351MHz簡易デジタル機は、簡単な登録だけで使えるハイパワー無線機。
現在、お仕事にレジャーに、また防災用に、と大人気です。

一番人気は、IC-DPR6(5W機)ですが、5Wまではいらないから、もう少し小さくして欲しいという声が大きかったところ、今回、IC-DPR3(1W機)が登場。こちらも、早くも人気沸騰中です。

さて、IC-DPR3は、出力が1Wになりますが、どのくらいの距離で交信が出来るのでしょうか?
1Wであれば、およそ1Kmと言われることもありますが、今回、その実際のところを試してみましたよ。


・IC-DPR3 × IC-DPR3 の交信距離
・IC-DPR3+SRH350D × IC-DPR3+SRH350Dの交信距離
・IC-DPR3+SRH350DH × IC-DPR3+SRH350DHの交信距離
を調べて、IC-DPR6使用時の交信距離と比較してみました。

実は、もう一週早く実験を行う予定だったんですが、私が腰を痛めまして、身動きがとれず、一週遅れてしまいました。m(_ _)m


さて、まずは、IC-DPR3×IC-DPR3。
アマチュア無線家の皆様はご存じのところですが、もちろん、出力が1/5になったからといって、交信距離が1/5になるわけではありません。
しかし、かなり苦戦するかなあ……と思っていたんですが、意外や意外。大健闘です。
結果はこんな感じ。直線距離にして、2Kmを軽く超えています。
dpr3-1.jpg


続いて、両者が付属アンテナをSRH350Dに交換しました。
若干、感度はアップしましたが、それほど、大きな感度変化はなし。
信号一つくらい距離を伸ばすと、もう音声は切れ切れになりました。
うーん、SRH350Dは信号一つ分くらいの距離の向上しかなりませんでした。
dpr3-2.jpg


すぐに、両者がSRH350DHに変更しました。
一気に音声はクリアになりました。
ぐんぐん距離が離れても大丈夫です。
かなり走りましたが、そろそろ、また、音声が聞き取りづらくなりました。
そろそろ限界。
IC-DPR3+SRH350DHの距離はここまで!
これもかなり健闘したのではないでしょうか? 直線距離にして、4Km弱です。
dpr3-3_20130505145157.jpg


続いて、IC-DPR6の交信距離です。
まずは、IC-DPR6+初期付属アンテナ同士の交信距離です。
dpr6a.jpg


続いて、IC-DPR6+SRH350D同士の交信距離です。
dpr6b.jpg


最後に、IC-DPR6+SRH350DH同士の交信距離です。
ここまで届くか……というくらいの距離です。
まだ、届くのか? とびっくりしたくらいの距離でした。
dpr6c.jpg


さて、IC-DPR3と、IC-DPR6の交信距離実験の結果を分かりやすく比較してみました。
※赤がIC-DPR3、青がIC-DPR6使用時のデータです。
※写真はクリックで大きくなります。


まず、初期付属アンテナでの交信距離の差です。
信号にして、一つか二つくらいの差しかありません。IC-DPR3健闘というところです。
テスト1


SRH350D使用時の比較です。少し差が広がりました。途中のSメーターの振りはそれほど変わらなかったんですが、IC-DPR6が最後にぐーんと踏ん張ったという感じです。
TEST2.jpg


SRH350DH使用時の比較です。地形的に、L型になったこともあり、ぐんと差が広がりましたが、やはり、地形的な条件を生かしてでも、距離を稼ぐためには、少しでも、パワーのあるIC-DPR6が有利ですね。
テスト3


その他感想
何人かのスタッフの声で試しましたが、デジタル向きの人、デジタルに向かない人がいますね。
すぐにもがもが……という感じになってしまう声の人もあれば、まだまだクリアに聞こえる人もあります。
私の声はよく聞こえるみたいです。なぜだろう……。
Sメーターが振れなくなって、ほとんど聞こえなくても、数メートル移動するだけで、クリアに入ってくるポイントがあります。良い場所を探してさまよえば、まだまだ、距離を伸ばせそうです。


今回の交信距離実験の結論
◆IC-DPR3 意外といける! 使用状況や環境によっては、IC-DPR6の8割以上の交信距離が出る! 少しでも交信距離を伸ばしたいという方以外は、IC-DPR3でよいかも!
◆少しでも交信距離を伸ばしたいという方は、やはり、IC-DPR6をどうそ。地形的な条件を生かすのも、やはり、出力があればこそかな……と思いました。5Wは強いです。
◆SRH350Dは初期付属アンテナより若干の性能アップ。交信距離アップを望むなら、SRH350DHをお勧めします!


今回の実験に出てきた機種
IC-DPR6
IC-DPR3
SRH350D
SRH350DH



CQオームに戻る
トピックストップに戻る


 


 

 
 

FT1D用カメラマイクMH85A11U簡易レポート!

FT1D用カメラマイク MH85A11U を入手できましたので簡単ですがレポートします。
レンズ部


マイクにあるボタンですが、左の[D-TX]は、撮影した画像をデジタルモードで送信するときに使用するボタン。
右のカメラボタンが撮影ボタンです。
カメラアップ

撮影ボタンを押したときは「カシャっ」ではなく無線機本体側から「ピーっ」という短めの音が鳴ります。

本体のミニUSB端子に差し込みます。
接続

画質選択の設定は簡単です。
セットモード11番のオプションから入るとUSBカメラという項目が出て来ます。
セットモード

USBカメラ 

エンターキーで入ると画像サイズ(2種類)と画質(3種類/LOW,ノーマル,HIGH)の選択をするだけです。
画質の3種類はそれほど大きな差は感じませんでしたがHIGHを選択してみました。


あらかじめマイクロSDカードを入れて、フォーマットしておきます。
フォーマット後は、「フォト」というフォルダが自動作成され、撮影した画像はどんどんこのフォルダに貯め込まれます。


カメラマイクに内蔵されているカメラは説明書によるとCMOSセンサー 単一焦点 約50cm~∞と書いてあります。解像度は320×240ドット(QVGA)と160×120(QQVGA)、画像フォーマットはJPEGです。
画質選択

参考画像として、320×240ドット、画質「HIGH」で撮影したデータを添付します。
被写体から約60cmくらい離れての撮影です。
約60cm


今度は、休日に屋外の風景を試し撮りしてみようと思います。

余談ですが、APRSやGPS、2波同時ワッチしながら、ロガーも併用しカメラも撮る…となるとかなりバッテリーを酷使しそうですね。私の場合は、ロングライフバッテリー(FNB-102LI)をメインで使用しようと思います。


CQオームに戻る
トピックストップに戻る


 


 

 
 
はじめに
アマチュア無線専門店CQオームのTOPICSページです。アマチュア無線に関する最新ニュース・トピックスのご紹介。
CQオームはこちら
 
最近の記事
 
FC2カウンター
 
リンク
 
メルマガ登録をどうぞ

応援!アマチュア無線をより楽しむなら アマチュア無線総合情報誌めーるおーむをどうぞ! 初心者の方にも分かりやすく、新製品情報、お客様からの使用レポート、業界ニュース、特価品情報を多彩にご紹介。毎週月曜 日、アマチュア無線の楽しみ方、遊び方、関連情報を厳選して詰め合わせて、完全無料で、お届けしています。25000人が読んでいるメールマガジンです。 まもなく満14年。700号突破。(まぐまぐ大賞2007ノミネート 2006部門第3位受賞)応援!アマチュア無線をより楽しむなら アマチュア無線総合情報誌 めーるおーむをどうぞ!メルマガ読者様特典 → 年2回、売り出し時には、クーポン割引券がついてきます。ご購入金額に応じて、500円~1万円まで割引されます! サイト内の全ての商品にクーポン割引は使用可能です。詳しくはこちら

 
 

 
YouTube
人気の動画 最新商品レビュー ケテルフェアで見つけたバイク!

アマチュア無線関連動画を見逃さないために!
チャンネル登録をどうぞ。

 
ブログ内検索
 
カテゴリー
 
最近のコメント
 
最近のトラックバック
Top
Copyright © cqtopix / Designed by Paroday