FC2ブログ

アマチュア無線・広帯域受信機(レシーバー)・トランシーバー業界NEWS(ニュース) by CQオーム

 アマチュア無線・広帯域受信機(レシーバー)・トランシーバー業界のTOPICS(トピックス)・NEWS(ニュース)をまとめてご案内! 新製品情報やメーカーさん情報も多数! どこよりも早くご案内・ご紹介
 

今だからVX-6レビュー!

スタンダードのVX-7シリーズに続き弟分ともいえる防水ハンディ、VX-6もお値打ち価格に値下げ致しました。

最近の多機能ハンディが台頭するなかで、今となってはVX-6はシンプルハンディ? と間違えられそうですが、いえいえ、どうして……ロングセラーモデルになっているVX-6は、最新ハンディにも決して見劣りしない性能をもっています。
あらためて今回はVX-6が持つ実力をご紹介します。


P1000030.jpg

現在のアウトドアハンディの火付け役となったハンディ、VX-5から50MHz帯バンドを除き防水性の強化とラジオバンド性能をさらに向上させ、VX-7の兄弟モデルとして登場しました。
現在でも144・430MHzのリチウムイオン電池を採用した5W出力、かつ、防水レベルが高いハンデイとして支持を受け続け、そのコストパフォーマンスは非常に高いものを持っています。
これまで多く寄せられたユーザーボイス・レビュー等で注目されている機能をあらためてご紹介したいと思います。

VOIP用アクセスハンディ用として最適
DTMF機能の標準装備はもちろんのこと、DTMFの自動送出に関してメモリーも呼び出しも簡単設定です。
シングルコマンドはPTTを押しながら希望のキーを押すだけ。
頻繁につかうノードIDなどはメモリーをしておくと楽に運用可能です。
ワイヤーズの自宅内アクセス用ハンディとしては、VX-3と肩を並べる人気モデルです。

#0510D

CW練習機
意外と人気があるのが、出勤の行き帰りにCW練習機能で耳を鍛る使い方。
スピード設定やランダム選択、高輝度LEDを使ったフラッシュなど本格的練習マシンに仕上がっています。
CW練習スピード設定


ワンタッチメモリー
最近のハンディ・レシーバーのメモリー機能・要領は目を見張る進化で、バンクメモリーなど編集機能も充実しています。
しかし、そんなメモリー数は全然必要なし!という方にはこのタイプがおすすめ。
カーラジオ感覚で10チャンネルだけのメモリーです。
操作は簡単。まずメモリしたい周波数をあわせておいて、メモリーしたいボタン(キーボードの0~9までの10個のボタンがそのままメモリー専用チャンネルになります)を妬く2秒程度長く押します。
たとえば1CHに入れたいなら1番を2秒間押すだけ。ビープ音がなって「DMR CH」と自動表示されたらメモリー完了
同じ要領で0番から9番まで最大10個のメモリーができます。
DMR設定


次にワンタッチメモリー専用のモードに切り替えてしまいましょう。
電源ボタンのすぐ下に「DMR」というボタンがあります。これを2秒程度長押しすると画面表示左上に「DMR」と表示されますね。
これでワンタッチメモリー専用モードです。
ワンタッチメモリー②


このモードの時は数字の0から9のボタンしか使いません。
1番を押せば1番にメモリした周波数、9番を押せば9番に登録したメモリ周波数に切り替わります。
バンド帯は制限されませんので、ラジオ、アマチュア帯、エアー、消防をランダムにメモリー可能です。
注意点として、受信中にダイヤルつまみを回すとそのまま周波数を変化させることができます。
これが使用上困る場合は、ダイヤルロックを設定しておきましょう。
そうすれば完全なメモリー専用無線機(受信機)となります。
ワンタッチメモリーロック


簡易レシーバーとして
あらかじめ主要なジャンルをメモリーしたスペシャルバンクメモリーがあります。
TV音声・ラジオ・JR・ワイヤレスマイク・特定小電力チャンネルなどがメモリー済みです。
ラジオは地域別に全国データがメモリー済みですから、出張先ではスキャンすることなく合わせるだけでOKです。
ラジオ周波数TVチャンネル鉄道無線
ワイヤレスマイク特小チャンネル


LED照明
高輝度の白色LEDは室内照明やミニライト、車の室内灯まで、エコブームにのってちょっとした流行ですね。
この高輝度LEDは今思えば、VX-6、VX-6には早くから取り入れられた遊び心だったんですね。
真っ暗な中で点灯させると本当に明るいです。
ちなみに、連続点灯で何時間耐えられるかは…試してないです 笑    
LEDライト


TEMP機能
内部の温度をセンサーで感知し、表示してくれます。
率直に、アウドドアハンディなら内部温度でなく外気温じゃないのかな?と不思議でしたが、面白いですね。
え~と、ちなみに、現在、内部基盤の温度は49.4度です。 
内部温度


最後におまけを。
付属品のベルトクリップのほかに、VX-7でおなじみの全方向回転式の便利なあのベルトクリップがVX-6でも使えます。
また、付属のACアダプタ「NC72A」が重たくて・・・という方にはVX-8用のスイッチング式小型軽量ACアダプタ、NC86Aが代替として使用可能です。
プチグレードアップにいかがでしょう?
ベルトクリップ
NC86Aでも充電OK


CQオームに戻る
トピックストップに戻る


 


 

スポンサーサイト



 
 

FTM-350レポート!

FTM350シリーズの話題がますます人気上昇中です。
APRSだけでなく、今までにない遊び心満載モービル機として魅力満載のFTM350シリーズをレポートします。

その1
その2

AFデュアル機能
FTM10シリーズやVXハンディシリーズの定番となったAFデュアル機能。
左側バンドでラジオや外部入力のソースを聞きながら右側バンドでアマチュアバンドや広帯域バンドの待ちうけ同時受信が出来ます。
待ちうけバンド側に信号が入感すると、ラジオ・外部ソース側は自動的に音声がミュートされます。
通常の2波同時受信では左右の音量ボリュームを調整しない限りスピーカーからミックス出力されてしまいますから、これは用途によっては便利な機能ですね。

その3

さらにAPRSも加えてやりたい!という方のためには、AFデュアルとAPRSの同時運用も可能です!
ラジオを常時受信しつつエアーバンドを待ちうけ受信し、さらにその後ろでAPRSも自動で
動作させているという3波併用表示運用が可能なんですね!
画像は左がFMラジオ、右にエアーバンド、中央上に小さく144.66と出ているのがAPRSです。

その4

バンドスコープ機能
シングルバンド表示(この画面でモノバンド表示させるとデカいっ!)でバンドスコープ表示を
させてみました。ラジオバンド、アマチュアバンドその他で使用できます。
スケール変更やアッテネーター(ラジオ除く)も使用出来るので、かなり実用的と言えそうです。

P1000006.jpg

さらにデュアル表示にさせてみると… 

P1000007.jpg
たとえば、エアーバンド2波同時バンドスコープなんてことも出来ます。
しかし残念ながらメイン・サブ両方をスコープスキャンに占有させてしまうと
肝心の音声がワッチできないので…左をスコープ表示せながら右で受信するという方法もありですね。

P1000008.jpg

GPS機能
オプションのGPSアンテナを装着しAPRS専用にしか使用しないのはもったいないです!
FTM350はGPSを利用した「お遊び機能」が搭載されております。
まずはGPS基本画面です。

P1000009.jpg

画面左半分は衛星の補補足状況・補足数を表示しています。
3つ以上の衛星を補足すると演算が開始され右半分の画面に自局の情報が表示されます。
自分の座標、走行スピード、高度がこの画面では表示されます。
もちろんこの状態でも無線機・受信機として仕事はしており、
この画像では左上と右上に周波数表示を示している通りエアーバンドを2波同時ワッチ中です。
この小さい周波数表示の枠にはしっかりとSメーターもグラフ表示します。

P1000010.jpg

GPS画面には何パターンかありますので自分好みの画面を選択できます。
よりリアルな走行画面を楽しみたい時は、自動車アイコン表示画面があります。
左画面に自動車アイコンとコンパスが現れ、進行方向に応じてコンパスが動きだします。
このコンパス表示画面では、走行スピードに応じて自動車アイコンにちょっとした動きが表れます。
P1000011.jpg

GPSポイント登録
メモリーしたい場所に自分がいる時に、その場所の座標をワンタッチで最大16箇所メモリー出来ます。
後から、その登録場所を目的地として簡易ナビとして使用も出来ます(目的地までの方向と距離を表示します)
P1000012.jpg

16箇所のメモリーは4つにグループ分け出来るので1グループに4つまでメモリーできます。
メモリーした地点はリスト表示ができ、そのポイントに名前をつけることができます(英数字かカナ表示)
CQ OHMとメモリーしてみました。
P1000013.jpg

ベルマークのようなアイコンはアラーム機能です。
走行中にこのポイントに近くなるとアラーム音とともに画面が登録地点に近くなったことを大画面で示します。

P1000014.jpg

どこまで近くなったらアラームを鳴らすか、距離設定も可能です。
このポイント登録、色々用途が思い浮かびますね?特に毎日高速道路を走行されている方とか…笑

ポイントを登録し、座標データに「CQ OHM」と記録してみました。
このデータで簡易ナビ機能をオンにして走行すると・・・
自分の車両からみた目標建物の方向と距離がリアルタイムで変化し(さすがに到着予定時間までは出ませんが 笑)、約100m手前ぐらいに近くなると…「GOAL!」と大画面で知らせてきました!笑

P1000017.jpg

P1000016.jpg

時計・日付表示・タイマー
GPS搭載ですから、衛星データから自動的にデータを得ています。自動修正です。
大画面のデカ表示クロックです。夜間走行中に見ると何故かそのデカさに笑ってしまいそうに…。
ひょっとしたら隣に走ってる車の中からも読めるかな…なんて想像してしまいました。
いや、私の年齢相応の機能に感謝かも!?
P1000015.jpg

タイマー機能にはカウントダウンタイマーとカウントアップタイマーがあります。
カウントアップ画面にすると…ラップタイムが記録出来る表示が。
とりあえずスタートボタンを押してみると…大画面に時計がカウントを始めました。

P1000021.jpg

ラップ表示と切り替えに、平均速度表示又は最高速度表示が出来るようになっています。
これは…長距離高速走行の移動時にちょっと遊べそうな気配…笑 今度試してみます!
P1000022.jpgP1000023.jpg

セットモードの操作性
セットモードのトップ画面です。
P1000018.jpg

種類別にウィンドウが並んでおり、カーナビ感覚です。
うっかりタッチパネルかな?と手を伸ばしそうになります 笑 (メーカーさん、次は是非!)
たとえばディスプレイの明るさ調整をしたい時は…このトップ画面のディスプレイアイコンに
ダイヤルで選択して、マウスクリック感覚でダイヤルをワンプッシュ。
するとディスプレイに関する設定項目が並んだウィンドウが展開しました。

P1000019.jpg

そこから明るさ調整の項目をダイヤルでカリカリっと回して、ワンプッシュ!
するとさらに明るさ調整のレベルを示すウィンドウが現れました。
この操作感覚はパソコンに近いですのでとても楽ですね!

P1000020.jpg

ディスプレイカラー
最後に表示カラーについて触ってみました。基本は8色切り替えとなってますが
夜間になってあまりに明るすぎるため照度を落としたところ、
一色の中にも照度設定で何色か作り上げることが出来ることに気がつきました。
昼間には判りませんでした。
基本の8色から、明るさ設定でさらに数十色の自分好みの色を探す楽しみが出来ました。

P1000024.jpg

P1000025.jpg

P1000027.jpg
この仕組みは3色高輝度LEDで色を変化させている?とするともっと多くのカラーを作り上げることも技術的に可能…かも。隠れ機能が無いかな…と期待したりして。
夜間運用も楽に可能な各種ボタン照明もくっきりしています。両側のチャンネルツマミ脇に2つの小さなLEDが常時点灯しているのですが、送受信ランプでもなく運用バンドにも関係なく取説にも記載が無いので何かな?と思っておりましたら、これは夜間運用でもチャンネルツマミの位置が判るためのパイロットランプだそうです。
真っ暗な車内で見てみましたら、うっすらとチャンネルツマミが間接照明的に照らされていました。

まだまだこのFTM350を使いこなすには時間がかかりそうですが、このような、使い込む楽しみを与えてくれるモービル機の登場は久しぶりではないでしょうか?
多機能ハンディや高級HF機は、ブ厚い取説と格闘しながら新しい機能を試したりしますがFMモービル機でちょっと取説を本格的に読んで設定してみようと思わせる無線機は少ないですね!
ぜひ、皆さんもこのワクワク感を体験頂ければと思います。
尚、FTM350は基本設定編とAPRS編の2冊の取説が用意されていました。



CQオームに戻る
トピックストップに戻る


 


 

 
 

1,360円で、プチグレードアップ! ACアダプター面白TOPICS!

携帯電話用の充電器はこんなに小さくて軽いのに、ハンディトランシーバーの専用充電器はなぜ、こんなにでかくて重たいのか……という方、多いと思います。
無線機の本体サイズは、気にしますが、ACアダプターのサイズを考えていないと、本体はそれなりに小さいのに、ACアダプターはばかでかくて、旅行の時には、結局、荷物がかさばってしまうという方も……。
最近は、ようやく、アマチュア無線用ACアダプターも小型軽量化が進んできています。


チャージャーが大きくて重たかった原因はトランス式にあるのですが、携帯電話用と同じく、スイッチング式の採用が本格化してきています。
スタンダード製ハンディ機においては、VX-6、VX-7用標準付属品が最後のトランス式になりそうで、その後の、VX-3、VX-8、VX-8D、FT-270、FT-277の各モデル付属チャージャーは、小型軽量のスイッチング式となっています。
CD41NC86AC.jpg
【写真】CD-41(VX-8/8D用急速充電用クレードル)とコンパクトなスイッチング式NC-86A(VX-8/8D初期付属ACアダプター)



手軽に持ち歩くハンディなら、旅先や出張先に付属品も手軽に持って行きたい……というのは誰もが望む点ですね。(私もあの重たいACアダプタをカバンに入れて行こうとは正直思わないです)
携帯電話を日常で持ち歩くとき、携帯充電器をカバンに入れようかそれとも重いから置いていくか……?なんて悩む方はいないですよね?


さて、だからといって、まだ、無線機が元気なのに、ACアダプターのために、新型を買う……というのは贅沢なところ。そこで、次に考えるのは、ACアダプターだけ、新型が使えないかしら……というところ。


【朗報!】
調べてみましたところ、VX-8/VX-8D用の標準付属バッテリーチャージャー【NC-86A】は汎用チャージャーとして他のモデルにも使用可能な事が判りました!
旧モデル所有のスタンダードユーザーさんやりました!


この【NC-86A】は過去のトランス式「NC72A」採用モデルに対して互換があります。
従いまして、VX-5、VX-5MD、VX-6、VX-7、VX-7Bのオーナー様はNC72Aの代わりに【NC86A】を充電器として利用可能です。
NC72ANC86AC.jpg
【写真】左が86A、右が72A。かなりサイズが違うのが分かると思います。持った時の重さもかなり違います。


さらに、スタンド型急速充電器【CD15/CD15A】をお持ちの場合も、【NC86A】を挿して、そのまま継続利用OKです。
FT60は標準付属品がトランス式の「NC88A」というタイプですが、これも「NC86A」への互換OKでした。
CD15AC.jpg
【写真】CD15。安価なのに高性能な急速充電スタンドとしてかなり普及しています。


充電できるという事は、トランシーバーに通電出来る訳ですから当然受信専用の電源としてはどうか? という疑問がわいてきます。
この点、数モデルを試してみたところ特に問題はなさそうですが留意点として、AM・FMラジオ・TV音声受信中においては、回りの環境や受信中の信号の電界強度、使用するヘリカルアンテナとチャージャーとの距離などの条件によって、ややノイズを拾うことがありそうです。また、これに限らずですがコードはトグロを巻かない方が良いですね。


ワイヤーズオーナーさん、HRI-100の純正アダプタがNC72Aとなってます。
こちらも、互換OKです。
ただし、付属品のE-DC-6(DCケーブル)を使用したら回り込み等の原因で、ノイズ混入対策のためにNC72Aへ変更された方の場合、要注意です。
無線機、PC、HRI100と様々な機器間を接続したことでノイズを拾いやすい状況になっているので、場合によってはNC86Aに変更したことで新たなノイズ源となる可能性もゼロではありませんです。
この点はご留意頂き、変更後は必ず変調テストをされることをオススメします。


いずれにしましても、あの重たさと容積から解放の方向に向かうのは嬉しいことです。
こんな角度からも無線機選びのポイントのひとつとしてみてはいかがでしょう。
互換性のあるモデルをお持ちの皆様は、NC-86Aで、1,360円で、プチグレードアップはいかがですか?

NC-86Aのページ


※追記 当初、817シリーズにつきましても記載をしていましたが、817シリーズは、付属電池が、ニッカド、途中からニッケル水素に変更、電池の容量変更などがあり、また、色々なカスタマイズ・改造をされていることも多いことから、全ての状況において、検証が出来かねるため、NC-86Aの対応機種からのぞくこととしました。どうぞご了承下さい。

CQオームに戻る
トピックストップに戻る


 


 

 
 

2010年1月CQオーム売り上げベスト

【入荷!】IC-R6 (ICR6) 最新レシーバー

 

受信機部門

1位 IC-R6 アイコム最新受信機。やはり人気です!
2位 VR-160 スタンダード最新型。コンパクトという意味ではこちら。
3位 IC-R5 旧モデルとなりましたが、コストパフォーマンス重視の方はこちら。 
4位 DJ-X8 テンキーボード付ならこれ。
5位 DJ-X8エアSP エアバンド用に。

 

【8,000円値下げ!在庫限り】【送料無料】VX-8 (VX8)

ハンディ機
1位 VX-8 VX-8D発表で、大幅値下げしました。在庫限り。ご希望の方はお急ぎを!
2位 VX-8D 最新型。APRS強化版。大人気です。
3位 VX-3 コンパクトモデルの定番です。
4位 TH-F7 ケンウッドの人気デュアル機。
5位 DJ-S57 コストパフォーマンスに優れたアルインコのデュアル。
 

 

【入荷!】【送料無料】FTM-350H (FTM350H) ※50W GPS/APRS最新モデル

モービル機
1位 FTM-350/H モービル機なのに、予約で一杯になるのは珍しいです! 大人気モデル! 今なら在庫有り。
2位 FTM-10S バイク運用ならこれ。これから暖かくなると人気が再燃しそう!
3位 IC-2720/D アイコムの定番2波同時受信モデル。

 

IC-7400(IC7400) HFオールバンド+50MHz+144MHz トランシーバー

オールモード
1位 IC-7400 冬休みは、これでじっくり遊ぶという方も多かったようです。
2位 IC-7000 アイコムのHF-430MHzオールモード機。車載に自宅に大活躍。
3位 FT-857D HF-430MHz コストパフォーマンスならばこれ!

【送料無料】 IC-DPR5 (ICDPR5) 免許不要5Wハイパワー!

特小
1位 IC-DPR5 5W出力(適法)のスーパーハンディ機! 免許不要!人気急上昇中。
2位 DJ-P9U 6800円。リユースモデルで、最安値! 台数が必要な方はこれ。
3位 IC-4008WB 生産終了。残りわずか!ご希望の方はお早めにどうぞ。

ハンディ用アンテナ
1位 SRH789 第一電波工業のロッドアンテナ。伸ばすと高性能。持ち運びにも便利。
2位 SRH1230 エアバンド用、性能はぐっと良くなります。
3位 SRH350D IC-DPR5に最適。新デジタル無線用アンテナ。
 

SG7700(SG-7700) 144/430MHz帯高利得2バンドモービルアンテナ

車載用アンテナ
1位 NR950M 広帯域受信にぴったりのモービルアンテナ。送信も可能。自宅でも使用可能。
2位 SG7500 第一電波定番144/430MHzスーパーゲイナー
3位 AZ350 351MHz用新型モービルアンテナ(M型)

 

D190 (D-190) 100~1500MHz受信144/430 /904/1200MHz帯送信可

自宅用アンテナ
1位 D190 コンパクトなディスコーンアンテナ。一応送信も可能。
2位 AW2.8 22m サガ電子さんのワイヤー。
3位 X300 144/430MHzGPアンテナ

広帯域受信アンテナ
1位 SRH789 第一電波工業のロッドアンテナ。伸ばすと高性能。持ち運びにも便利。
2位 D190 コンパクトなディスコーンアンテナ。一応送信も可能。
3位 NR950M 広帯域受信にぴったりのモービルアンテナ。送信も可能。自宅でも使用可能。

 

エアバンド専用アンテナ・関連商品
1位 AL-120F-MR サガ電子アンテナ。現在他を寄せ付けない人気です。
2位 ABF128 AORさんのバンドパスフィルター。
3位 SRH1230 ハンディ用。長いです。長さが許容できれば性能は保証付き。

 

周波数バイブル2010 (FB2010) コンパクトな周波数データベースならこれ!

その他
1位 周波数バイブル2010 取扱開始!ちょっとした周波数データに! これ便利です!
2位 広告付Aカード リピーターさん多数。だんだんと順位が上がってきました。
3位 YS-45 今月はまとめ買いがあってこの位置です。
4位 FGPS2 VX-8用GPSユニット。VX-8で遊ぶなら必須でしょう!
5位 DM-330MV アルインコさんの定番安定化電源です。一押し。
6位 
SS500 受信機・アンテナの分配・合流に。ただし、送信は出来ません。
7位 CTC50M 隙間ケーブル。ケーブルを通すところがないという方はこちら。
8位 ADMS-5 VR-160用パソコン接続セット。人気急上昇中。
9位 Bカード1000枚 インクジェット用白紙QSLカード。
10位 ゼロから始める受信入門 新書籍! 受信初心者の方に。



CQオームに戻る
トピックストップに戻る

 


 


 

 
 

FTDX5000シリーズデータ速報

  ■FTDX5000MP
  HF/50MHzオールモードトランシーバー 200W
  税込定価715,000
  2アマ免許 技術基準適合証明取得機種
  高精度±0.05ppm OCXO実装
  ステーションモニターSM-5000付属
  300Hzルーフィングフィルター実装
  2月末入荷予定。
  
  ■FTDX5000D
  HF/50MHzオールモードトランシーバー 200W
  税込定価650,000
  2アマ免許 技術基準適合証明取得機種
  ±0.5ppmTCXO実装
  ステーションモニターSM-5000実装
  オプション 300Hzルーフィングフィルター
  2月末入荷予定。
  
  ■FTDX5000
  HF/50MHzオールモードトランシーバー 200W
  税込定価620,000
  2アマ免許 技術基準適合証明取得機種
  ±0.5ppm TCXO実装
  オプション ステーションモニターSM-5000
  オプション 300Hzルーフィングフィルター
  発売は3月予定。
  
  ■FTDX50000/50W
  HF/50MHzオールモードトランシーバー
  税込定価620,000
  3アマ免許 技術基準適合証明取得機種
  ±0.5ppm TCXO実装
  オプション ステーションモニターSM-5000
  オプション 300Hzルーフィングフィルター
  発売は3月予定。


DX'er羨望の機種FTDX9000シリーズをベースに、フロントエンド、メインIFを全くの新設計とし、メインバンドに新開発の6素子クリスタルルーフィングフィルターを装備することで、高度な混信除去を実現しました。
さらにダイナミックレンジは112dB、第3次インターセプトポイントは+40dBmを達成。
2ndIFには定評あるYAESU独自の32ビット浮動小数点DSPを使用することで、様々な信号処理を行っております。
数値上の特性はもちろんのこと、実際の聴覚上でも歴戦のDX'erを満足させる仕上がりのモデルになりました。

全4タイプのバリエーションを用意し、最上位機種には、標準装備の300Hzルーフィングフィルターを、他の3タイプでも選択することが出来ます。
また、高品位な送信電波を誇るYAESUのCLASS-Aは、3タイプで75Wを実現しています。
価格とパフォーマンスの総合力から、一つ秀でたプレミアム機種として、さらなるステップアップを目指すアマチュア無線家にお勧めできる機種です。


・クラス最高のダイナミックレンジ112dBを高感度で実現、IP3は+40dBmを確保。

・新開発の6ポールクリスタルルーフィングフィルターをメインバンド受信機に採用。

・VFOA/Bそれぞれに、あらゆる信号を高速で処理することが出来るYAESU独自の32ビット浮動小数点DSP TI社TMS320C6727B(最大2800MIPS/2100MFLOPS)をクロック300MHzで使用。

・FTDFX9000MPの基準発信回路には、OCXOを標準装備。-10~+60℃にわたり、±0.05ppm以下という抜群の周波数安定度を実現。

・破壊耐量の高いFET VRF-150(VDSS=170V、VGS=±40V、PD=300W)をプッシュプルで終段に採用し、余裕の200W出力を実現(CLASS-Aは75W)(Mタイプは送信出力50W)

・3つの小型勇気ELディスプレイを右側下の3つの大型ダイアルの上に配置。それぞれの表示には、サブ周波数、選択フィルターの特性や帯域幅、VRF、ノッチ、ノイズリダクション、メニュー設定などの情報を操作と同時に表示。

・操作時だけ表示されるサブ表示ウインドウにより、MIC-GAIN/RF-PWP/CW-PITCH/KEYER-SPEED/PROC-LEVEL/VOX-DELAY-TIME/BK-IN-DELAY-TIMEなどの設定値を瞬時に把握することが可能。

・FT-2000で好評の受信信号の流れが瞬時にわかる、ブロックダイアグラム表示を採用。

・FTDX9000と同サイズの大型S/POアナログメーターを採用。詳細な表示が快適な応答速度で表示。

・IF40.455MHzのサブ受信機を内蔵。快適な2波同時受信を実現。

・オーディオ周波数を可変してトーンコントロールできるCONTOUR(コンツアー)、NOTCH機能など、より受信を快適にする多彩なオーディオフィルター機能。

・CW運用をバックアップする多彩な機能。

・市販の外部モニターで多彩な表示ができるデータマネジメントユニットDMU-2000接続可能(オプション)

・Qの高いコイルを採用したプリセレクター、μ-TUNINGユニットA(160m)、B(80/40m)、C(30/20m)の最大3台接続可能(オプション)

・本体と一体化したデザインが魅力の2つのスピーカーを内蔵した専用ステーションモニターSM-5000を用意(MPとDタイプは付属)


CQオームに戻る
トピックストップに戻る


 


 

 
 
はじめに
アマチュア無線専門店CQオームのTOPICSページです。アマチュア無線に関する最新ニュース・トピックスのご紹介。
CQオームはこちら
 
最近の記事
 
FC2カウンター
 
リンク
 
メルマガ登録をどうぞ

応援!アマチュア無線をより楽しむなら アマチュア無線総合情報誌めーるおーむをどうぞ! 初心者の方にも分かりやすく、新製品情報、お客様からの使用レポート、業界ニュース、特価品情報を多彩にご紹介。毎週月曜 日、アマチュア無線の楽しみ方、遊び方、関連情報を厳選して詰め合わせて、完全無料で、お届けしています。25000人が読んでいるメールマガジンです。 まもなく満14年。700号突破。(まぐまぐ大賞2007ノミネート 2006部門第3位受賞)応援!アマチュア無線をより楽しむなら アマチュア無線総合情報誌 めーるおーむをどうぞ!メルマガ読者様特典 → 年2回、売り出し時には、クーポン割引券がついてきます。ご購入金額に応じて、500円~1万円まで割引されます! サイト内の全ての商品にクーポン割引は使用可能です。詳しくはこちら

 
 

 
YouTube
人気の動画 最新商品レビュー ケテルフェアで見つけたバイク!

アマチュア無線関連動画を見逃さないために!
チャンネル登録をどうぞ。

 
ブログ内検索
 
カテゴリー
 
最近のコメント
 
最近のトラックバック
Top
Copyright © cqtopix / Designed by Paroday