アマチュア無線・広帯域受信機(レシーバー)・トランシーバー業界NEWS(ニュース) by CQオーム

 アマチュア無線・広帯域受信機(レシーバー)・トランシーバー業界のTOPICS(トピックス)・NEWS(ニュース)をまとめてご案内! 新製品情報やメーカーさん情報も多数! どこよりも早くご案内・ご紹介
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

ケテルBluetoothセット『ベアリザード』追加情報!

ついに発売となったケテルのBluetoothセット、ベアリザード。
関連商品も今後、続々入荷予定です。

入荷! KT-BSH02/SET BearLizard (ケテルブルートゥースシステム)

さて、ベアリザードで何が出来るのか! 

タンデムで使用したい。
タンデムと音楽を楽しみたい。
音楽をステレオで聴きたい。
使用中のKTELシステムをBluetooth化したい。
ゴールドウイングで使いたい。
ヘルメットに直接つけて使いたい。
ナビと結んで使いたい。

こんなことが出来ちゃいます。
こちらのページで、必要なオプションと一緒に解説していますので、ご確認下さい。



質問
Bear Lizard をタンデムで使用した場合の通信距離はどのくらいでしょうか?
答え
通信距離は最大10m程度になります。基本的には前後での会話と思ってください。

質問
KT021(DF808型)タンデムアンプを使用して、ズーモ550、アイコムハンディ-無線機を接続してタンデムで、タンデムで無い時には、レ-ダ-探知機を接続して使用しています。 ズーモ550以外ブルートゥース機能は無いです。
KT021(DF808型)タンデムアンプとKT-BSH02の接続はできるのでしょうか?また、KT-BSH02の他に必要な製品を購入したらいいのか教えてください。
答え
KT-BSH02とKT021(DF808型)タンデムアンプは接続可能です。
必要な製品と接続例は下記になります。
KT-BSH02/SET…1個
KT-BSH02…1個
KT822…1本

現在タンデムアンプKT021/DF808+接続コードKT044でマイク・スピーカーセットへ接続していると思います。これを Bluetooth によりワイヤレス化いたします。 KT044とKT822を接続、そこにKT-BSH02を繋ぎます。マイク・スピーカーセットにはKT-BSH02/SETを接続してください。そしてKT-BSH02同士をペアリ ングしてください。これでヘルメットとDF808間はワイヤレスになります。 ZUMOのBluetoothはオフにしてください。

質問
これまでの有線式とBearLizardとの違い等を詳しく教えてください。
答え
KTELの有線式システムとBearLizard(以下BT)の大きな違いを長所短所で表記してみました。

有線式の長所
●電源が必要ない。
●電波を利用していないためノイズが出る可能性が低い。
●接続が簡単で同時にいろいろな機器を接続出来る。
●コネクターの抜差し以外操作が必要ない。
●BTに比べ価格を抑える事ができる。

有線式の短所
●バイクとライダー間やライダーとパッセンジャー間がコードでつながれている。
●バイクへの乗車時や降車時にコネクターの抜差しが必要である。
●立ち乗りした時等コードが突っ張って邪魔になることがある。

BTの長所
●コード等の取り回しの必要が無い。
●Bluetooth付機器とはペアリング後ワイヤレスで接続できる。
●バイクへの乗車時や降車時にコネクターの抜差しが必要ない。
●立ち乗りした時等コードが突っ張って邪魔になる事がない。

BTの短所
●複数の機器を同時に使用できない。(参考1)
●電源が必要なためバッテリーが無くなると通話できない。
●電波を利用しているため混信を受けノイズが出る可能性がある。(参考2)
●価格が有線式に比べ割高になってしまう場合がある。
●ファンクションが多いため操作が複雑になってしまう(参考3)

参考1:KT-BSH02+KT822系+KT021等を利用した場合、複数機器を接続可能です。
参考2:「プツプツ音」等スピーカーから小さい音が出る場合は混信が考えられます。
BTや無線機、アンテナの位置を変える必要がある場合があります。
参考3:BTは一つのスイッチで複数の動作をさせるように設計されています。
詳しくは説明書等を参考にしてください

このように有線式の短所をBTは補っていますが新たな短所がある事も事実です。
このBT短所をできるだけ無くすよう現在も努力しています。 ご理解いただければ幸いです。

質問
KT-BSH02/SETの接続コードは「KT844」のようですが、私が使用しているのはステレオタイプのKT009です。 接続コードは「KT844-S」とのことですが、変更は可能でしょうか?

答え
変更は可能です。ご注文時「接続コードKT844-S希望」とご連絡いただければ変更して発送させていただきます。
また、接続コードをKT844-Sにした「KT-BSH02/ステレオSET」もご用意いたしましたので、こちらをご注文ください。

質問
バーテックススタンダード社のFTM10との接続は可能でしょうか?
またVX8との接続も可能かどうか教えてください。

答え
バーテックススタンダード社純正のBluetoothユニットBU-1とは、両機種とも接続可能です。通話テスト済みで問題ありません。ただし、BU-1のプロファイルの関係でFTM10系と接続中はKT-BSH02とブルートゥース付携帯電話の接続できませんのでご注意ください。同時に切替でお使いになりたい場合は、無線機本体側にKT-BSH02+KT822系を接続してお使いいただく形になります。

質問
バイク以外でも使えますか?
答え
もちろん使えます。
ブルートゥースが搭載されているオーディオプレーヤーや携帯電話とKT-BSH02本体と接続して、市販ステレオイヤホンを繋げば、バイクを降りても使うことができます。

今後の製品ラインナップ/PDF 317K

クイックマニュアル/PDF 200K

取扱説明書/PDF 562K






CQオームに戻る
トピックストップに戻る


 


 

スポンサーサイト
 
 

業務無線の勢力図を大きく変えてしまうかもしれないトランシーバーIC-DPR5入荷!

【大量入荷】 【送料無料】 IC-DPR5 (ICDPR5) 免許不要の5Wハイパワーハンディ!






アイコムより、すごい新型トランシーバーが発売されました。
高出力・高性能のデジタル簡易無線機でありながら、手軽に利用できるトランシーバーIC-DPR5です。

えー、何がすごいか! を順番にご説明します。
現在、アマチュア無線では、5Wハンディが各社から出ていますが、当然、アマチュア無線目的のみ。、業務(お仕事)では使用できません。
お仕事で無線機を使用する場合には、特定小電力トランシーバー、もしくは、業務無線(簡易業務無線)を使用することになります。
特定小電力トランシーバーは、最近、各社各種新型が登場して、便利になってきたとはいえ、最大の難点は、10mWという出力。やっぱり、中継機がなければ、数百メートルしかカバーできません。

一方、業務無線は、高出力ですが、免許申請が必要で、かつ、高額です。申請代金を合わせれば、一台が10万円、2台で20万円という世界なので、ちょっと簡単には手が届きません。
そこで、海外の違法無線などを輸入して使ったりするケースもあるようですが、当然違法ですから、最近は、摘発されたり、裁判になったり、やっぱり、違法無線は絶対に使ってはいけませんね。
お仕事で使えて、出力があって、簡単に使えるようなモデルはないかなあ~。
これまではなかなかぴったりのモデルがなかったんです。

さて、今回のIC-DPR5は、デジタル簡易無線機。
5W出力可能。
デジタルなので、秘話機能は抜群。
最高水準の防水(JIS7※2相当)・防塵性能(JIS5※3相当)を備えています。アンテナ端子はSMA。
しかも、簡易業務無線なのに、安い!
これまでの業務無線の常識を覆す62,790円というお値段。

しかも、これまで、やれ委任状が必要、○○が必要と、申請がやっかいだったのが、本機は、かんたんな登録手続きだけで使用できてしまいます。登録申請も本体に付属している書類を使用して、必要事項を記載して、提出するだけでOKという簡単申請。これで、本当に、使えるの? という簡単さです。
従来の、業務無線の枠組みを破壊してしまうかもしれない、すごい無線機なのです!
ちょうど、5W出力のパーソナル無線もなくなりましたが、これからは、これが、資格・免許不要、簡単申請だけで使用できる、5W出力無線機の新規格になるかもしれません!





CQオームに戻る
トピックストップに戻る


 


 

 
 

ハムフェア2009 入口まで……

2009logo2.jpg
CQオームのハムフェア2009特集です!

はい!
ハムフェア2009 初日!
CQオームを代表して、私(小島草太)がやってきました!


昨年は、社長と、三女(小学校一年生)を連れてきたんですが、会場内の熱気に三女はやられて、途中でダウン。
やはり、小さい子には、過酷な環境なのかも。
そのため、昨年は、クラブブースなど、一部は、駆け足で見てくることになってしまって、ちょっと残念でした。
今年は、子どもたちは全員お留守番です。


さて、社長ですが、今年は店番となりました。
東京は、人混みの中で、疲れてしまう……んだそうです。


今年は、まさに一人旅。
十分に好きなところをうろつくことが出来ます。


私、通常は、ほとんど、店内奥でパソコン仕事していて、テニスや自転車の時には外に出ますが、いわゆる、人混みにはほとんど出かけません。ということで、時々、こういうところに来ると、人の多さに驚きますね。窓から見る都市の景観は、もう『うらしま』状態です。
おー、すげー、ネットで見たまんまだ!
全く、小学生の遠足気分です……笑。

CIMG0679c.jpg
朝は、7:30の新幹線に乗り、やってきました新橋、09:30。
しかし、去年に比べますと、暑いし、なんとなく、人も多いような……。


コストなどを総合的に考えると、他の交通手段がよいのかな……と思いつつも、結局、昨年同様、『ゆりかもめ』 昨年は、ゆりかもめも、比較的、空いていて、気楽な旅だったんですが、今年は、もう、大変なことになっていました。
CIMG0680c.jpg
↑こんな感じ。
あれ? 昨年、こんなにも人多かったっけ?
すでに、案内の人がメガホンを持って、叫んで、誘導していますが、切符を買うところからすごい行列が……。
なぜ?


ちなみに、帰りの『ゆりかもめ』の場内放送では、○○駅は大変混み合っているため、その前の▼▼駅をご利用下さい……とのこと。「え? 前の駅から歩けということ?」とにかくすごい人でした。


しかも、新幹線では気付きませんでしたが、『暑い!』
これ、この日だけ特別に暑いのか、東京だから暑いのか。
とにかく、シャツがもうすでにべとべと。
すごいことになってました。
CIMG0681c.jpg
どうにかこうにか、国際会議場前まで来ました。
ここからは、行列の中、ただただ、流れるように前に。
看板見えてまきした!
CIMG0682c.jpg
あとから聞いたところ、他にも、花火や、お台場のイベントや、いろいろなものが重なっていたようでして、とにかく、すごい人でした。肝心のハムフェアの来場者数はどうだったんでしょうねえ?
私は、初日しかみていないので、なんとも言えないんですが、かなりの人混みでしたが……。
正確な来場者数が分かりましたら、また、後日、ここに記載しておきますね。

※来場者数データ
22日 : 20,000 人
23日 : 18,000 人
合計約 : 38,000 人

CIMG0684c.jpg
CIMG0686c.jpg
そうそう、帰りのゆりかもめ内では、『ハムの祭典……うんぬんかんぬん』とハムフェアのニュースが電光掲示板に流れていましたよ。おー! ハムフェア2009のことだ! と思って、読んでました。でも、ちょっと分かりづらいかなあ~。もう少し一般の方にも分かりやすい内容だったらよかったのに……。
CIMG0687c.jpg
こちらはガンダム。
CIMG0688c.jpg
同じく、国際鉄道模型コンベンション。
面白そう!
見たかったんですが、帰りには、疲労困憊して、立ち寄ることすら忘れてました(笑)
CIMG0691c.jpg
毎年、ここを10:00ジャストの時点で写真撮るんですが、残念ながら、今年は、外で時間を使ってしまって、結局、10:15頃の写真です。すでに、開門済み。第一陣は、会場内になだれ込んだ後です。
ジグザグジグザグと進んで、私も、会場内に入りました!


◆ハムフェア案内板
ハムフェア2009 入口まで
ハムフェア2009 CQ出版他入口付近
ハムフェア2009 アイコムブース!
ハムフェア2009 ケンウッドブース!
ハムフェア2009 スタンダードブース!
ハムフェア2009 第一電波工業ブース!
ハムフェア2009 コメットブース!
ハムフェア2009 アルインコブース!
ハムフェア2009 東京ハイパワーブース!
ハムフェア2009 AORブース!
ハムフェア2009 クラブブースその他その1
ハムフェア2009 クラブブースその他その2
ハムフェア2009 クラブブースその他その3
ハムフェア2009 クラブブースその他その4
ハムフェア2009 クラブブースその他その5
ハムフェア2009 クラブブースその他その6
ハムフェア2009 クラブブースその他その7
ハムフェア2009 クラブブースその他その8
ハムフェア2009 上から(一般の方立入禁止区域より)



CQオームに戻る
トピックストップに戻る

 


 


 

 
 

ハムフェア2009 CQ出版他入口付近

CIMG0692c.jpg
こちらは会場図。
昨年と大差ないかなあ。

CIMG0693c.jpg
まず、見えてくるのは、CQ出版ブース。
いい場所です。
各種書籍が平積み。
飛ぶように売れてました。
当店には各種置いていますが、やっぱり、なかなか、一般の本屋さんなどでは手に入らないですからねえ。

CIMG0694c.jpg
CIMG0695c.jpg
CIMG0696c.jpg
CIMG0698c.jpg
工作コーナー。
朝一で、まだ、席が空いています。
あとから、もう一回りした時には、一杯でした。
若き工作少年が多数。
目がきらきらしてましたよ!

CIMG0700c.jpg
CIMG0701c.jpg

ぐるりとひとまわりを終えまして、次は、メーカーさんのブースを廻ってきます!


◆ハムフェア案内板
ハムフェア2009 入口まで
ハムフェア2009 CQ出版他入口付近
ハムフェア2009 アイコムブース!
ハムフェア2009 ケンウッドブース!
ハムフェア2009 スタンダードブース!
ハムフェア2009 第一電波工業ブース!
ハムフェア2009 コメットブース!
ハムフェア2009 アルインコブース!
ハムフェア2009 東京ハイパワーブース!
ハムフェア2009 AORブース!
ハムフェア2009 クラブブースその他その1
ハムフェア2009 クラブブースその他その2
ハムフェア2009 クラブブースその他その3
ハムフェア2009 クラブブースその他その4
ハムフェア2009 クラブブースその他その5
ハムフェア2009 クラブブースその他その6
ハムフェア2009 クラブブースその他その7
ハムフェア2009 クラブブースその他その8
ハムフェア2009 上から(一般の方立入禁止区域より)

CQオームに戻る
トピックストップに戻る


 


 

 
 

ハムフェア2009 アイコムブース!

まずは、アイコムブース。
入口から、右斜め前に位置しておりまして、すぐに目につく場所ですね。
すでに黒山の人だかり。
そう言えば、今年は、○○の後が出るのでは……とは噂で聞いていたんですが、具体的には、事前情報無し。何かあるのかしら?
CIMG0702c.jpg
見えてきました。
CIMG0708c.jpg
ん?
何だろう? あの看板は!
7400のようなディスプレイですが、ちょっとボタン位置が違うような……。
CIMG0707c.jpg
9100?
IC-9100!
新製品?
ディスプレイ上の周波数表示は、1200MHz!


CIMG0703c.jpg
「すみませーん」「すみませーん」
黒山の人だかりで身体を割り込ませることが出来ず(笑)、とりあえず、デジカメだけ、にゅーっと出して、撮ってきたのが、こちらの画像です。

HF/50/144/430/1200MHzオールモード IC-9100シリーズ!

デザインは、IC-911を思わせるところもありますが、サイズ的には、7400クラスかなあ。
7400の後継と言えるんだと思うんですが、型番を見ても、全く、別系列と言った方がよいのかもしれませんね。
現在、HF-1200MHzオールモードは、ケンウッドのTS-2000SX/VXのみ。
その強烈な対抗馬になることは間違いないでしょう。
モックではなく、すでに触れる状態になっていました。
年内?
期待も膨らみますね~。


CIMG0704c.jpg
ちなみに、
HF/50 100W
144MHz 50W
430MHz 50W
1200MHz 10W
で、1200MHzはオプションとなります。
残念ながら、IC-910・IC-911用1200MHzユニットとは異なるUX-9100という1200MHzユニットになります。


CIMG0705c.jpg

~アイコムさんの資料より~

本格的なDXやコンテスト、D-STAR、サテライト通信まで、アマチュア無線の楽しさを、この1台に凝縮。しかも、先進のDSP技術と熟成したアナログ技術を融合させることで、HF、V/UHF専用機とも対等に渡り合える高性能と操作性、多彩な機能を実現しています。バンドごとに異なる楽しさと奥の深さ。IC-9100は、その全てを高次元で体験することができるマシンです。


CIMG0706c.jpg

おもな特徴
◆HFオールバンド+50MHz+144MHz+430MHz+1200MHzをオールモードでカバー。(1200はオプション)
◆32ビット浮動小数点DSP&24ビットAD.DAコンバーターを搭載。
◆3つ(15/6/3kHz)の1stIFフィルターを搭載可能。
◆D-STARのDV(デジタル・ボイス)モードに準拠。
◆簡単な操作で衛星通信に対応できるサテライト専用モードを搭載。
◆オートアンテナチューナー(HF+50MHz)を標準装備。
CIMG0709c.jpg

デザイン・ディスプレイは賛否両論かなあ。
私は、7400の時代からこういった雰囲気は好きだったので、好感持てるんですが……。
フルカラーのキラキラしたものが好きという方もいると思われます。
HF-1200MHzなのに、比較的、質実な顔してます。
いずれにしても、この冬の目玉になること間違いなし!


CIMG0712c.jpg

オプションの一部も展示されていました。

CIMG0711c.jpg

ここからは、すでに発売済みの商品が多数実働展示されていました。


CIMG0713c.jpg

大型機は、なかなか、実際に触ったり、聞き比べたりすることは出来ないもの。
皆さん、順番に、音を聞いて、ダイヤルを触って、じっくりと高級機の実力をチェックしていました。

CIMG0714c.jpg
CIMG0715c.jpg
CIMG0716c.jpg
CIMG0717c.jpg
CIMG0718c.jpg

こちらは、受信機。

CIMG0719c.jpg

新型の免許資格不要トランシーバー。
簡単な届け出のみで使用できるハイパワートランシーバーとでもいいましょうか。

CIMG0721c.jpg
入荷しました!
詳細解説もあり。こちらをご覧下さい。

【大量入荷】 【送料無料】 IC-DPR5 (ICDPR5) 免許不要の5Wハイパワーハンディ!







はっきり言って、業務無線業界の在り方を変えてしまうかもしれない、すっごいトランシーバーです!
CIMG0722c.jpg
CIMG0723c.jpg
CIMG0724c.jpg

今年のアイコムブースの目玉は、やっぱり、IC-9100ですね。
すでに、触れる状態になっていて、その完成度の高さに驚くばかり!
この冬、期待の一台です!


◆ハムフェア案内板
ハムフェア2009 入口まで
ハムフェア2009 CQ出版他入口付近
ハムフェア2009 アイコムブース!
ハムフェア2009 ケンウッドブース!
ハムフェア2009 スタンダードブース!
ハムフェア2009 第一電波工業ブース!
ハムフェア2009 コメットブース!
ハムフェア2009 アルインコブース!
ハムフェア2009 東京ハイパワーブース!
ハムフェア2009 AORブース!
ハムフェア2009 クラブブースその他その1
ハムフェア2009 クラブブースその他その2
ハムフェア2009 クラブブースその他その3
ハムフェア2009 クラブブースその他その4
ハムフェア2009 クラブブースその他その5
ハムフェア2009 クラブブースその他その6
ハムフェア2009 クラブブースその他その7
ハムフェア2009 クラブブースその他その8
ハムフェア2009 上から(一般の方立入禁止区域より)

CQオームに戻る
トピックストップに戻る

 


 


 

 
 

ハムフェア2009 ケンウッドブース!

続きまして、やってきましたのは、ケンウッドブース。
例年、ハムフェアでは、大型の新作がなくて、ちょっと寂しいところだったんですが、今年はどうかな。


CIMG0725c.jpg
CIMG0726c.jpg
こちらは、APRS、エコーリンクなどの説明。
CIMG0727c.jpg
CIMG0728c.jpg
CIMG0729c.jpg
現行機種がずらりと並びます。
CIMG0730c.jpg
まだ最近出たばかりの特定小電力トランシーバーも顔を出しています。
CIMG0731c.jpg
CIMG0732c.jpg

ん? これは?
CIMG0735c.jpg
新型です!
CIMG0733c.jpg
そうなんです!
中級機クラスかなあ。
参考出品、まだ型番も記載されていませんでしたが、HFの新型機が用意されているようです。
まだ、ガラスケース内で、本体を触ることは出来ませんでした。
もう少し時間がかかるようです。

そこで、ちょっと関係者を見つけて、お話を!
みんなが聞きたいと思われる「最近、ケンウッドってどうなのよ!」
聞いてみました。

曰く、会社がくっついたりなどでいろいろとばたばたしていたようですが、ようやく、体制が整ってきたとのこと。
もともと、ケンウッドさん、通信機部門は、黒字なんですって。ただ、オーディオ部門が非常に厳しかったらしいんですが、現在は、通信機部門は、完全に通信機部門として、独立した形になっていて、新しい製品もぞくぞくと準備が出来つつあるとのこと。

「いろいろとご迷惑をおかけましたが、これから、2009、2010、期待して下さい!」
と力強いお答え。

おー!

「こちらをご覧下さい↓」

CIMG0736c.jpg

新型ハンディ機ですか?

CIMG0737c.jpg

APRS、GPS機能搭載のすごいハンディ機が2010に出ます! とのこと。
デザインは、以前に発売されていたTH-D7と同じ。
APRS、GPSハンディと言えば、現在ハンディ機一番人気のVX-8ですが、「VX-8を凌ぐ性能のモデルになりますよ!」とのこと。いやあ、楽しみです。

そして、極秘に、○○の後継機種も開発しているんですよ!とのこと。2011年になるかなあ……。
おおお。それは売れると思いますよ!
これからのケンウッド、期待できそうです。

CIMG0738c.jpg
こちらは、カーレースにて使用されているケンウッドのトランシーバーのご紹介でした。
CIMG0739c.jpg
CIMG0740c.jpg


◆ハムフェア案内板
ハムフェア2009 入口まで
ハムフェア2009 CQ出版他入口付近
ハムフェア2009 アイコムブース!
ハムフェア2009 ケンウッドブース!
ハムフェア2009 スタンダードブース!
ハムフェア2009 第一電波工業ブース!
ハムフェア2009 コメットブース!
ハムフェア2009 アルインコブース!
ハムフェア2009 東京ハイパワーブース!
ハムフェア2009 AORブース!
ハムフェア2009 クラブブースその他その1
ハムフェア2009 クラブブースその他その2
ハムフェア2009 クラブブースその他その3
ハムフェア2009 クラブブースその他その4
ハムフェア2009 クラブブースその他その5
ハムフェア2009 クラブブースその他その6
ハムフェア2009 クラブブースその他その7
ハムフェア2009 クラブブースその他その8
ハムフェア2009 上から(一般の方立入禁止区域より)

CQオームに戻る
トピックストップに戻る


 


 

 
 

ハムフェア2009 スタンダードブース!

相変わらず、大盛況のスタンダードブースです。
思い起こせば、去年は、VX-8一色!
他にも、大型HF機や、FTM-10搭載バイク展示など、とにかく、話題性抜群でした。
今年はどうかなあー。
CIMG0792b.jpg
CIMG0792c.jpg
CIMG0797c.jpg
VX-8達!
VX-8もここまで並ぶと壮観ですねえ!

CIMG0798c.jpg

さて、スタンダードさんからは、ハムフェア2009の前に、FT-7900、FT-1900、FT-270の情報が入ってきていました。今年のハムフェアはこの三台を見てこようというつもりだったんですが、さらに、新型モービル機が出ていました!

CIMG0799c.jpg
いきなり新製品です!(参考出品ですが)
CIMG0800c.jpg
目立つのは、まず、どでかいディスプレイ。そして、アンテナユニット。
やはり、多機能で、各種情報を表示するには、今後、ディスプレイの大型化は避けられないかなと思います。しかも、文字も大きく、視認性は非常に高いです。

CIMG0801c.jpg

FTM-350の主な特徴はボードに記載されているとおり。

144/430MHz、2波同時受信モデル
◆Lバンド、Rバンド自由な組み合わせで同時受信、フルデュプレクス動作が可能。
◆フロントパネル、本体完全分離のフレキシブルセッティングモービル
◆フロントパネルにマイク、PTT、2ピーカー実装、Bluetooth(オプション)の実装により、ハンズフリー運用が可能。
◆フロントパネルにオプションのGPSアンテナを実装すると、位置情報の確認及びAPRS機能により、自局位置情報の送信、相手局との方向、距離等を通信しながら表示が可能。
◆メモリーした地点に近づくとアラームでお知らせ
◆目的の信号を早く見つける高速バンドスコープ機能
◆APRS機能を利用したメッセージの送受信
◆オプションのボイスガイドユニットによる音声読み上げなど。

CIMG0802c.jpg

完全セパレートで、フロントパネルにマイク、PTT、2スピーカーかあ。
確かに、通常、セパレートしても、本体にスピーカーなので、外部スピーカーが必要になることが多いわけですが、本機の場合には、そういうことがないわけです。
Bluetoothをつければ、完全ハンズフリーかあ。
車載時には、外の音を拾ってしまうので、なかなか難しいかもしれませんが、これ、いろいろと応用が利きそうですねえ。

しかも、これまた、GPS遊びが楽しそう!
相手の車との距離や方向表示、地点のメモリーとアラームなど、うーん、本来ならば、かなり本格的なGPSシステムが必要なところを、これ一台で出来てしまいます。
新しい楽しみ方が、またまた、生まれてきそうな予感です!

CIMG0803c.jpg
CIMG0804c.jpg
ディスプレイの
CIMG0805c.jpg
カラーは、
CIMG0806c.jpg
設定で変更可能。
全く別機種のように見えます。


CIMG0808c.jpg

発売はもうしばらく先になりそうです。
続報が入り次第、またご案内いたします!

CIMG0809c.jpg


現在も大人気のバイク用マシンFTM-10シリーズとそのオプションたちです。
B+COMの新型ヘッドセットも展示されていました。
早速、ヘッドセットをつけて、使用感などを試している方も多数。

CIMG0810c.jpg


商品の上には、綺麗な商品説明ボードが掲げられているのがスタンダードさんのブースの特長。
これの出来がどれもすごくよい。
商品の特長をよく表していて、かつ、格調高い雰囲気。
CIMG0811c.jpg
CIMG0813c.jpg
今年も、防水性の実演。
VX-8と共に、同じレベルの防水能力を持つ新型ハンディFT-270も、今年は一緒にディスプレイされていました。
そうそう、FT-270は、今週にも発売予定です!
5W出力、さらに、1400mAhニッケル水素付属で約8時間動作。
IPX7相当防水(水深1mで30分水没)、大音量800mWスピーカーなど、アウトドアに強そう。

FT-270通販ページはこちら
FT-270 (FT270) 144MHz5WFMモノバンドハンディ

CIMG0814c.jpg
現行モービル機。


CIMG0815c.jpg
CIMG0816c.jpg
CIMG0817c.jpg
CIMG0818c.jpg
新発売 FT-7900/H
切り替え式デュアルFT-7800の後継機種。
セパレートケーブル付属、DTMFマイクが初期付属、可変型空線スケルチ対応、TNC、APRS、WIRES用DATA端子をもちます。FT-7800の多機能型モデルという感じか。
今週、発売予定です。
予約受付開始しました!

FT-7900商品ページはこちら

【送料無料】 FT-7900 (FT7900) 144/430MHzFMデュアル最新型






FT-7900H商品ページはこちら 
【送料無料】 FT-7900H (FT7900H) 144/430MHzFMデュアル最新型
CIMG0819c.jpg
144MHzシングルモービル機 FT-1900/H
久々のシングルモービル機。ゆくゆくは430MHzも出ると思われます。
大音量3Wスピーカー、ワンタッチロック、広帯域受信1136-174MHz対応、CWトレーニング機能、ARTS機能、こちらもDTMFマイク付属。へビューデューティー仕様、不要な機能を削りながらも、高性能を維持という感じか。
今週発売予定です。
年末には430MHzモデルも登場予定です。

FT-1900商品ページはこちら
【送料無料】 FT-1900 (FT1900) 144MHzシングル(ヘビーデューティ仕様)






FT-1900H商品ページはこちら

【送料無料】 FT-1900H (FT1900H) 144MHzシングル(ヘビーデューティ仕様)



CIMG0820c.jpg
コクピットを思わせる重厚なデザイン。
なかなか、触って音を聞く機会は少ないと思われます……FTDX9000。

追加情報
FTDX9000シリーズに新バージョン
FTDX9000MPコンテスト
現在の9000コンテストのファイナルをMP用(400W用)に変更したタイプ。
価格未定(80万円くらいか?)
発売時期 10月開始予定
受注生産
400Wファイナルを積むので、A級増幅は100W出力。(現在の9000コンテストは75W)
MPコンテスト/200Wタイプと、400Wタイプの両方を用意。2アマ局が200Wを購入し、将来に400Wに改造することでパワーアップ可能。
FTDX.jpg
クリックで大きくなります。↑


CIMG0821c.jpg
CIMG0822c.jpg
CIMG0823c.jpg
CIMG0824c.jpg
CIMG0825c.jpg
CIMG0826c.jpg

CIMG0827c.jpg

CIMG0828c.jpg

CIMG0831c.jpg
CIMG0832c.jpg
CIMG0834c.jpg
CIMG0836c.jpg
CIMG0837c.jpg
各種自作機や関連商品のご紹介なども充実。
CIMG0838c.jpg
CIMG0839c.jpg
CIMG0840c.jpg
受信機の新製品発見!
VR-150の後継機種。
VR-160です。
ちなみに、参考出品。
発売にはもう少し時間がかかりそうです。

CIMG0841c.jpg
詳しい情報は、ボードの写真をご覧下さい。
CIMG0842c.jpg
CIMG0844c.jpg
ご覧のとおり、VX-3の筐体を使用。
単三パックとリチウム電池、充電器のセット。
そうそう、ACC端子を装備。パソコンとの接続も、なにかしら、可能性を感じさせるんですが……。
どうなんでしょうか!

CIMG0845c.jpg
CIMG0846c.jpg
CIMG0847c.jpg
CIMG0848c.jpg
CIMG0849c.jpg
CIMG0850c.jpg
CIMG0851c.jpg


◆ハムフェア案内板
ハムフェア2009 入口まで
ハムフェア2009 CQ出版他入口付近
ハムフェア2009 アイコムブース!
ハムフェア2009 ケンウッドブース!
ハムフェア2009 スタンダードブース!
ハムフェア2009 第一電波工業ブース!
ハムフェア2009 コメットブース!
ハムフェア2009 アルインコブース!
ハムフェア2009 東京ハイパワーブース!
ハムフェア2009 AORブース!
ハムフェア2009 クラブブースその他その1
ハムフェア2009 クラブブースその他その2
ハムフェア2009 クラブブースその他その3
ハムフェア2009 クラブブースその他その4
ハムフェア2009 クラブブースその他その5
ハムフェア2009 クラブブースその他その6
ハムフェア2009 クラブブースその他その7
ハムフェア2009 クラブブースその他その8
ハムフェア2009 上から(一般の方立入禁止区域より)

CQオームに戻る
トピックストップに戻る

 


 


 

 
 

ハムフェア2009 第一電波工業ブース!

CIMG0741a.jpg
CIMG0741b.jpg
CIMG0741c.jpg
正面にどーんと並んだGPアンテナ。
アンテナメーカーさんのブースはとにかく写真が難しいんですよねえ~。
そびえ立ってますから……笑。

CIMG0742c.jpg
CP62、CP610はまだ先日発表されたばかりの新製品。
メーカーさんの話では、すでに出荷しました! とのことですので、入荷してくるはずです。
ご希望の方は、ご注文をどうぞ。

CP62入荷。商品ページはこちら

8月末入荷予定 CP62 (CP-62) 高利得50MHz帯5/8λ×2 グランドプレーンアンテナ






CP610入荷。商品ページはこちら

8月末入荷予定 CP610 (CP-610) 高利得28(29)/50MHz帯2バンドグランドプレーンアンテナ







CIMG0743c.jpg
一番左は、定番のCP6。
一番右は、新型の3.5/7MHz CP8040です。

CIMG0744c.jpg
一つの目玉がこちら!
HFV8040
3.5/7MHzV型ダイポールアンテナ
HF帯人気ローバンド3.5/7MHzデュアルバンドのV型ダイポールアンテナです。両バンド共に新バンドプランに対応しています。周波数調整は、ハット位置及びハット長の調整により、独立して調整が可能です。コンパクト設計で、回転半径が約3.5mと設置場所を気にせず、取り付けが出来ます。

○仕様
周波数3.5/7MHz
耐入力 300W(3.5MHz)/500W(7MHz)
全長 約9.8m(予定) 回転半径約3.5m

CIMG0745c.jpg
CIMG0747c.jpg
CIMG0748c.jpg
一つの目玉がこちら!
HFV8040
3.5/7MHzV型ダイポールアンテナ
HF帯人気ローバンド3.5/7MHzデュアルバンドのV型ダイポールアンテナです。両バンド共に新バンドプランに対応しています。周波数調整は、ハット位置及びハット長の調整により、独立して調整が可能です。コンパクト設計で、回転半径が約3.5mと設置場所を気にせず、取り付けが出来ます。

○仕様
周波数3.5/7MHz
耐入力 300W(3.5MHz)/500W(7MHz)
全長 約9.8m(予定) 回転半径約3.5m

CIMG0749c.jpg
CIMG0750c.jpg
それからこれ!
3.5-30MHz帯オートチューニングモービルアンテナ
ATX30
特徴
アンテナに入力される電波の位相を検出して、マイコンにより処理し、可変インダクタンス(コイル)に取り付けたモーターの正逆を制御してアンテナの同調をとる構造です。また、アンテナ自体が送信周波数に同調しているため電波の飛びが良いです。
とにかくこれまでにないタイプのアンテナですね。
モーター式という意味では、ATAS-120Aのようなものか……と思ったんですが、内部処理なんですよね? 
チューナー内蔵モービルアンテナみたいなものなのかなあ……。いずれにしても、これまでにないアンテナであることは間違いないです。
全長2mで、チューニングとってくれるわけかあー。

CIMG0752c.jpg
昨年のハムフェアで参考出品されていましたが、その後、うんともすんとも、情報を聞かず。立ち消え? かと思っていましたら、今年も出ていました。
「ええ、実は、展示されているのは、昨年と同じなんですけどね……」
「けど?」
「いやあ、それ以上は今は言えないんですが……もう少ししたら……」
なにやら、意味深なお言葉でしたよ。

CIMG0753c.jpg
CIMG0754c.jpg
CIMG0764c.jpg
CIMG0765c.jpg
CIMG0757c.jpg
CIMG0758c.jpg
CIMG0759c.jpg
CIMG0760c.jpg
CIMG0761c.jpg


◆ハムフェア案内板
ハムフェア2009 入口まで
ハムフェア2009 CQ出版他入口付近
ハムフェア2009 アイコムブース!
ハムフェア2009 ケンウッドブース!
ハムフェア2009 スタンダードブース!
ハムフェア2009 第一電波工業ブース!
ハムフェア2009 コメットブース!
ハムフェア2009 アルインコブース!
ハムフェア2009 東京ハイパワーブース!
ハムフェア2009 AORブース!
ハムフェア2009 クラブブースその他その1
ハムフェア2009 クラブブースその他その2
ハムフェア2009 クラブブースその他その3
ハムフェア2009 クラブブースその他その4
ハムフェア2009 クラブブースその他その5
ハムフェア2009 クラブブースその他その6
ハムフェア2009 クラブブースその他その7
ハムフェア2009 クラブブースその他その8
ハムフェア2009 上から(一般の方立入禁止区域より)

CQオームに戻る
トピックストップに戻る

 


 


 

 
 

ハムフェア2009 コメットブース!

新製品ラッシュ!
現在、最も勢いがあるメーカーさんと言ってもいいでしょう!
しかし、個人的には、結構、言いたいことがあります!
そう! 納期!
お客様の声も多数代弁して……。
CIMG0763c.jpg
CIMG0767c.jpg
CIMG0768c.jpg
CIMG0769c.jpg
CIMG0770c.jpg
メーカーの担当者さんに見つかりました。
「あー、CQオームさん! 本当、納期の件では、ご迷惑をおかけしております。順次作っておりますので……」

あ、先に言われてしまった……。

「CAT3000もなかなかまとめて100台つくるのは大変でして……。AA170もあと部品待ちでして、もうしばらくお待ち下さい。あと少しで……。それから……」

と、あれこれ説明を受けた後、さらに新製品の紹介に入りました。

「こちらが新製品のCYA25711でして……」

CIMG0771c.jpg
実は、スペック忘れてしまいました!

家で、社長に、「これ、スペックは?」
「あれ?」
「どこかに書いたんだけど……あー、わからん! あとから、聞いて補足書いておくわ」

ということで、すみません、内容はもうしばらくお待ちを……m(_ _)m

CIMG0773c.jpg
そして、CAT3000。
もうかなり出来上がっています。
あとは、大量生産の段階みたいですね。

3KWアンテナカプラーです。
周波数 1.8~50MHz
通過電力 300W/3KW
寸法 H125×W340×D360mm

CIMG0774c.jpg

CIMG0775c.jpg

それから、参考出品で、面白いアンテナがありました。
CHA1950
1.8-50MHZモービルアンテナ
下のダイヤルで調整します。
耐入力1Kw
長さの記載もありませんでしたが、目測でだいたい3mくらいかなあ……。
見た目はブロードバンドアンテナのようですが、中身は全く別物のようです。
続報が楽しみなアンテナです。

CIMG0776c.jpg
CIMG0777c.jpg
CIMG0778c.jpg
CHA7000WとCHA7350
左側
CHA7000W 7MHzモノバンド 発売中。入荷。
右側
CHA7350 3.5/7MHzデュアルバンドです。まもなく発売。
CIMG0779c.jpg
CIMG0780c.jpg
CHA7350
3.5/7MHz デュアルバンドGP
周波数 3.5/7MHz
耐入力 250W(SSB)
V.SWR1.5以下
インピーダンス 50Ω
ラジアル長 約2.1m(7MHz)約2m(3.5MHz)ラジアル2本
全長 約6m
重量 約5.4Kg
取り付け支柱 30-72Φ
コネクター MJ

CIMG0781c.jpg
CHA7000W
7MHz(200kHz対応)モノバンドGP
周波数 700-7200kHz
耐入力 300W
V.SWR1.5以下
インピーダンス50Ω
ラジアル長 2.05m(ラジアル1本)
全長 約5.5m
重量 約3.9Kg
取り付け支柱 30-72Φ
コネクター MJ

CIMG0783c.jpg
CIMG0784c.jpg
CAT3000の裏面です。

CIMG0785c.jpg
これです!
AA-170!
実働していました。

ちょうど、取材の腕章の方発見。
ガラスケースからAA-170を取り出して、大型カメラで撮影準備。
その際、デジカメで一枚ぱしゃっと撮らせてもらいました。

CIMG0787c.jpg
そして、新発売、144./430MHz用アンテナチューナー、CAT273、CAT-283!
273は入荷! 好評発売中。(144/430MHzコネクターが別個に出てきます)
283は予約受付開始。(内蔵デュプレクサー。M型一つで出てきます)

CIMG0788c.jpg
展示のCAT-283。ここだけの話ですが、283のシールが貼ってあるだけで、中身は273です。ここだけの話です。
CIMG0789c.jpg
CIMG0790c.jpg
CIMG0791c.jpg
CIMG0853c.jpg


◆ハムフェア案内板
ハムフェア2009 入口まで
ハムフェア2009 CQ出版他入口付近
ハムフェア2009 アイコムブース!
ハムフェア2009 ケンウッドブース!
ハムフェア2009 スタンダードブース!
ハムフェア2009 第一電波工業ブース!
ハムフェア2009 コメットブース!
ハムフェア2009 アルインコブース!
ハムフェア2009 東京ハイパワーブース!
ハムフェア2009 AORブース!
ハムフェア2009 クラブブースその他その1
ハムフェア2009 クラブブースその他その2
ハムフェア2009 クラブブースその他その3
ハムフェア2009 クラブブースその他その4
ハムフェア2009 クラブブースその他その5
ハムフェア2009 クラブブースその他その6
ハムフェア2009 クラブブースその他その7
ハムフェア2009 クラブブースその他その8
ハムフェア2009 上から(一般の方立入禁止区域より)

CQオームに戻る
トピックストップに戻る


 


 

 
 

ハムフェア2009 アルインコブース!

いつも思うんですが、展示が地味なアルインコさんです。
うーん、もう少し、ど派手に演出したらいいのに……。
今年は、G7も出たばっかりなんだから、大きいプレート置いたり……壁にボード貼ったり……。

CIMG0915c.jpg
今年も他社さんに比べますと、全体的に地味な感じなんですが、ただ、この数年に比べますと、もっとも、賑わっていましたね。間違いなく。
やっぱり、一つは、DJ-G7ですね。
みなさん、触りたいみたい。

CIMG0916c.jpg
こちらは現行モービル機。

CIMG0917c.jpg
充実の受信機。

CIMG0918c.jpg
CIMG0919c.jpg
電源・DCDCコンバーター。なんでこんなに地味な展示なんだろう……。うちのお店のディスプレイの方が派手なんだけど……。
CIMG0921c.jpg
CIMG0922c.jpg
CIMG0923c.jpg
特小各種。

CIMG0926c.jpg
CIMG0928c.jpg
CIMG0931c.jpg
ちょっと面白いもの発見!
航空機の軌跡を表示できるエーカーズかなあ……と思ってみたら、ん? 違うぞ。
地図が港になってるぞ!
これは船舶?

そうなんです船舶なんです!
船舶の航行デーデータ通信が自宅のパソコンで見られるシステムです。
KG-AISです!

CIMG0932c.jpg
KG-AISは、VHF161MHz帯にて船舶が航行中にリアルタイムに送出する位置情報や運行情報を含んだデジタルのAIS信号(AUTOMATIC IDENFICATION SYSTEM)をデコードし、その船舶の位置情報や進行方向、速度などをマップやテキストでパソコンに表示するソフトウェアです。

CIMG0934c.jpg
信号の処理には、パソコンのサウンドカードの録音機能を用いるため、外部にデコーダーを用意する必要がなく、録音端子に受信機からの信号を入力するだけでデコードを行うことができます。また、デコードした情報を元に船舶のリストや写真を表示したり、目的の船舶の信号をサーチしてサウンドやメールで知らせたりする機能や、パソコンにGPSを接続することで自分の位置を画面上に表示できるので簡易AISデコーダとしてプレジャーボートや漁船に搭載することも可能です。AIS信号は沿岸部なら量の多少はありますがどこでも受信出来ますし、AIS搭載を義務づけられているのは大型船舶ですからアンテナ位置が高いこともあって、条件が良ければ数キロ内陸でも受信可能なことがあります。

CIMG0936c.jpg
へええ、知らなかった!
これ面白そうだなあ。
岐阜では、あまり関係ないけれど、(海がないので)皆さんの地域ではいかがですか?
趣味で、自宅で受信・表示をして楽しむ以外に、実際に、船に乗せて、受信・表示するという方法もありますね。この場合、業務使用という感じですね。
あとからもう少ししらべてみよーっと。

ちなみに、これ、KG-ACARSのKGさんのソフトですね!
すごいなあ。

CIMG0937c.jpg
CIMG0941c.jpg
DJ-G7。
みんなが触ってました!
「ごめんなさい。ちょっと、写真撮りたいので……」
と言って、綺麗な台の上で、一枚ぱしゃっ!
お手数をおかけしました。

CIMG0942c.jpg
CIMG0943c.jpg



◆ハムフェア案内板
ハムフェア2009 入口まで
ハムフェア2009 CQ出版他入口付近
ハムフェア2009 アイコムブース!
ハムフェア2009 ケンウッドブース!
ハムフェア2009 スタンダードブース!
ハムフェア2009 第一電波工業ブース!
ハムフェア2009 コメットブース!
ハムフェア2009 アルインコブース!
ハムフェア2009 東京ハイパワーブース!
ハムフェア2009 AORブース!
ハムフェア2009 クラブブースその他その1
ハムフェア2009 クラブブースその他その2
ハムフェア2009 クラブブースその他その3
ハムフェア2009 クラブブースその他その4
ハムフェア2009 クラブブースその他その5
ハムフェア2009 クラブブースその他その6
ハムフェア2009 クラブブースその他その7
ハムフェア2009 クラブブースその他その8
ハムフェア2009 上から(一般の方立入禁止区域より)

CQオームに戻る
トピックストップに戻る


 


 

 
 

ハムフェア2009 東京ハイパワーブース!

CIMG0886c.jpg
毎年、熱心なファンで一杯の東京ハイパワーさんのブースです。
CIMG0854c.jpg
CIMG0855c.jpg
大ヒット、HC-100AT、HC-200ATです。

CIMG0856c.jpg
CIMG0857c.jpg
CIMG0858c.jpg
CIMG0859c.jpg
CIMG0860c.jpg
CIMG0861c.jpg
CIMG0862c.jpg
CIMG0863c.jpg
CIMG0864c.jpg
CIMG0866c.jpg
5Kですか~。
参考出品ですが、一式並ぶと壮観ですねえ。
電源、リニア、チューナー。
出るかどうかは未定。
出るにしても、かなり時間はかかりそうです。

CIMG0868c.jpg
CIMG0872c.jpg

東京ハイパワーさんは、ここで出品されてからも、商品として出てくるには案外時間がかかりますので、そのつもりで。

ただ、その中でもこれからご紹介する3機種は比較的早期にお目見えしそうです。
HL-650FX、HL-550FX、HL-506Vです。

CIMG0873c.jpg
HL-650FX
ソリッドステートHF・50MHz 650Wリニア
大電力MOSFET式 最大出力650WPEP(SSB)

CIMG0874c.jpg
CIMG0875c.jpg
CIMG0876c.jpg
CIMG0877c.jpg
HL-550FX
ソリッドステートHF・50MHz/550Wリニアアンプ
MODFET式 最大出力550W
コンパクトな筐体、重量わずか9.5Kg
DXペディションに最適!

CIMG0878c.jpg
CIMG0879c.jpg
CIMG0880c.jpg
CIMG0881c.jpg
HL-506V
50MHzオールモードパワーアンプ
ハイコンパクト・高効率リニアアンプ
ドライブ電力20W 50Wにて、最大500Wが得られる6mバンドのソリッドステート・パワーアンプです。
・新設計の高効率アンプユニットと、ダクト構造による強制空冷方式により安定した長時間運用が可能。
・スイッチング式AC電源を採用した軽量コンパクト。
CIMG0882c.jpg
CIMG0883c.jpg
ここからは関連商品や、参考出品が多数。
CIMG0884c.jpg
CIMG0885c.jpg

CIMG0888c.jpg
HF移動運用軽量高性能アンテナ
米国トランスワールド社のアンテナだそうです。
TW2010型アドベンチャラー
代理店 東京ハイパワー
販売店を通さず、東京ハイパワーのネット通販のみの取り扱いとなりそう。
バンド 10、12、15、17、20m
重量 4.6Kg
最大電力 SSB 1200W
CW 800W
RTTY 500W
垂直幅射角 27度
SWR 1.1

ただ、現地でも6-7万円ほど。
日本への輸送費などを入れるとかなりの高額になることが予想され、うーん、どうなんでしょうか。
作りは丈夫そうです。ある意味、豪快というべきか。
簡単に組み上がるようですが、梱包状態でもデカイです。
よくも悪くもアメリカ的。

CIMG0890c.jpg
CIMG0891c.jpg
CIMG0892c.jpg
CIMG0893c.jpg
CIMG0894c.jpg
CIMG0895c.jpg
60A安定化電源
これは売れるのではないでしょうか?
以前も60A・70Aクラスありましたが、これは小さく、また、お値段も比較的抑えられていると思います。

HP-460 税込定価62,790

東京ハイパワー製リニアアンプ HL-450B、HL-350VDX、HL-250UFXなどに最適なスイッチング方式DC13.8V、60Aの軽量、高効率な直流電源です。また、DC1V-15Vを使用する天知ユア無線用機器を家庭用AC100Vで使う場合にも適しています。

CIMG0896c.jpg
ソフトは紹介のみ。
CIMG0897c.jpg
CIMG0898c.jpg
CIMG0900c.jpg
CIMG0901c.jpg
CIMG0902c.jpg
CIMG0903c.jpg
スーパーアンテナ社のアンテナも、東京ハイパワーさんが取り扱いをはじめるようです。
こちらは、トランスワールド社のものとは異なり、コンパクトタイプ。
バンド7-45MHz
3.5-4MHzオプションコイル対応。
最大電力200W

CIMG0908c.jpg
CIMG0909c.jpg
CIMG0910c.jpg
最後にご紹介するのは、HF-50MHzオールモードトランシーバー(参考出品)
HT-200
本機は小型ながらもHF/50MHzオールモード対応のコンパクトなトランシーバーです。
送信出力は最大でHF・50MHz10Wです。移動運用にも、固定局のサブトランシーバーとしても最適です。受信可能周波数範囲は0.5~54MHzで、受信部には高級機と同様の高いIP3を持つクワッドミキサーの使用により、広い受信ダイナミックレンジを獲得しています。

CIMG0912c.jpg


◆ハムフェア案内板
ハムフェア2009 入口まで
ハムフェア2009 CQ出版他入口付近
ハムフェア2009 アイコムブース!
ハムフェア2009 ケンウッドブース!
ハムフェア2009 スタンダードブース!
ハムフェア2009 第一電波工業ブース!
ハムフェア2009 コメットブース!
ハムフェア2009 アルインコブース!
ハムフェア2009 東京ハイパワーブース!
ハムフェア2009 AORブース!
ハムフェア2009 クラブブースその他その1
ハムフェア2009 クラブブースその他その2
ハムフェア2009 クラブブースその他その3
ハムフェア2009 クラブブースその他その4
ハムフェア2009 クラブブースその他その5
ハムフェア2009 クラブブースその他その6
ハムフェア2009 クラブブースその他その7
ハムフェア2009 クラブブースその他その8
ハムフェア2009 上から(一般の方立入禁止区域より)

CQオームに戻る
トピックストップに戻る


 


 


 
 

ハムフェア2009 AORブース!

CIMG0946c.jpg
今年、取り扱いをスタートしましたAORさんです!
実は、電話でしかやりとりをしたことがないので、かなり楽しみなブースでした!

CIMG0947c.jpg
最初はやっぱり、ペルセウス!
実働展示中。
私も、売ってはいるんですが、実際に動いているのは初めて見ました。
音も聞きましたよ。
いやあ、すごいですね。
バンドスコープも各種機能も実際に動いているのを見ると感動しますね。
しかも、取り扱い説明書をそれほど見なくても、だいたい直感的に動作は分かりますね。
よく出来ています。

CIMG0948c.jpg
CIMG0951c.jpg
CIMG0952c.jpg
CIMG0953c.jpg
CIMG0954c.jpg
なかなか外にアンテナを出せないという方へ。

CIMG0955c.jpg
CIMG0956c.jpg
CIMG0958c.jpg
CIMG0959c.jpg
CIMG0960c.jpg
CIMG0962c.jpg
CIMG0963c.jpg
CIMG0965c.jpg

いつもは電話でお話をしている担当の方とも、お話が出来てよかったです!
AORさんは、やはり、業務で使用される……というお客様が多いんですよね。
昔から、そういう傾向があるようですが、最近は、とくにその傾向が強いとのことです。
なるほど。

どうしても、高性能を求めるために、全体的に高価というイメージがあるので……という話をしていましたが、いやあ、やっぱり、高性能にお金がかかるのは当然なことで、むしろ、高いけれど、よいものを! というブランドイメージで、これからも、「よそにないよいものを!」というコンセプトで商品を作っていって欲しいなあと思いました。

帰り際、
「ペルセウス、今、ちょうど3台だけ在庫あるんですがいかがですか? これを逃すとまたしばらく入ってこないんですよ」
とのこと。
ペルセウスは切れるとなかなか入ってこないんですよねえ。船便で輸入しているようでして……。
ということで、明日注文する予定です。


最後にちょっとだけPERSEUSの動画をどうぞ。



◆ハムフェア案内板
ハムフェア2009 入口まで
ハムフェア2009 CQ出版他入口付近
ハムフェア2009 アイコムブース!
ハムフェア2009 ケンウッドブース!
ハムフェア2009 スタンダードブース!
ハムフェア2009 第一電波工業ブース!
ハムフェア2009 コメットブース!
ハムフェア2009 アルインコブース!
ハムフェア2009 東京ハイパワーブース!
ハムフェア2009 AORブース!
ハムフェア2009 クラブブースその他その1
ハムフェア2009 クラブブースその他その2
ハムフェア2009 クラブブースその他その3
ハムフェア2009 クラブブースその他その4
ハムフェア2009 クラブブースその他その5
ハムフェア2009 クラブブースその他その6
ハムフェア2009 クラブブースその他その7
ハムフェア2009 クラブブースその他その8
ハムフェア2009 上から(一般の方立入禁止区域より)

CQオームに戻る
トピックストップに戻る


 


 


 
 

ハムフェア2009 クラブブースその他その1

ここからは、クラブブースその他。
いやあ、ハムフェアの真髄はここにあり! という感じ。
時間のたつのを忘れますね(笑)
いろいろと書きたいこともあるんですが(笑)、基本的に写真だけでご勘弁を。
とにかくすごいボリュームでした!
軽く一回りするだけでも数時間、おしゃべりまでしてたら、本当、一日では見てまわれないですね。

CIMG1058c.jpg
CIMG1059c.jpg
CIMG1060c.jpg
CIMG1061c.jpg
CIMG1063c.jpg
CIMG1064c.jpg
CIMG1065c.jpg
CIMG1066c.jpg
CIMG1067c.jpg
CIMG1068c.jpg
CIMG1069c.jpg
CIMG1070c.jpg
CIMG1071c.jpg
CIMG1072c.jpg
CIMG1073c.jpg


◆ハムフェア案内板
ハムフェア2009 入口まで
ハムフェア2009 CQ出版他入口付近
ハムフェア2009 アイコムブース!
ハムフェア2009 ケンウッドブース!
ハムフェア2009 スタンダードブース!
ハムフェア2009 第一電波工業ブース!
ハムフェア2009 コメットブース!
ハムフェア2009 アルインコブース!
ハムフェア2009 東京ハイパワーブース!
ハムフェア2009 AORブース!
ハムフェア2009 クラブブースその他その1
ハムフェア2009 クラブブースその他その2
ハムフェア2009 クラブブースその他その3
ハムフェア2009 クラブブースその他その4
ハムフェア2009 クラブブースその他その5
ハムフェア2009 クラブブースその他その6
ハムフェア2009 クラブブースその他その7
ハムフェア2009 クラブブースその他その8
ハムフェア2009 上から(一般の方立入禁止区域より)

CQオームに戻る
トピックストップに戻る


 


 


 
 

ハムフェア2009 クラブブースその他その2

 
 

ハムフェア2009 クラブブースその他その3

 
 

ハムフェア2009 クラブブースその他その4

 
 

ハムフェア2009 クラブブースその他その5

 
 

ハムフェア2009 クラブブースその他その6

 
 

ハムフェア2009 クラブブースその他その7

 
 

ハムフェア2009 クラブブースその他その8

 
 

ハムフェア2009 上から(一般の方立入禁止区域より)

2Fには、実は、アマチュア無線機器工業会(当店も入っています)の控え室がありまして、ちょっとそこにご挨拶で立ち寄りました。
その後、窓に近づき、かしゃかしゃと会場を上から撮影。
『不審者』ではありません。
CIMG1074c.jpg
CIMG1075c.jpg
CIMG1076c.jpg
CIMG1077c.jpg
CIMG1078c.jpg
CIMG1080c.jpg


いかがでしたでしょうか?
駆け足ながら、ハムフェア初日の模様をお届けしました。
残念ながら、参加出来なかった皆さんに、ちょっとでもハムフェアの熱気をお伝えできていれば幸いです。
来年は、是非、会場へ行きましょう!
最後に関係者の皆様、本当にお疲れ様でした!


◆ハムフェア案内板
ハムフェア2009 入口まで
ハムフェア2009 CQ出版他入口付近
ハムフェア2009 アイコムブース!
ハムフェア2009 ケンウッドブース!
ハムフェア2009 スタンダードブース!
ハムフェア2009 第一電波工業ブース!
ハムフェア2009 コメットブース!
ハムフェア2009 アルインコブース!
ハムフェア2009 東京ハイパワーブース!
ハムフェア2009 AORブース!
ハムフェア2009 クラブブースその他その1
ハムフェア2009 クラブブースその他その2
ハムフェア2009 クラブブースその他その3
ハムフェア2009 クラブブースその他その4
ハムフェア2009 クラブブースその他その5
ハムフェア2009 クラブブースその他その6
ハムフェア2009 クラブブースその他その7
ハムフェア2009 クラブブースその他その8
ハムフェア2009 上から(一般の方立入禁止区域より)

CQオームに戻る
トピックストップに戻る


 


 


 
 

新製品情報 CAT273入荷!

CIMG0639b.JPG

アンテナカプラー(アンテナチューナー) CAT-273(CAT273)

144/430MHz用のチューナーはありませんか? お問い合わせを多くいただいていたんですが、ようやく、コメットさんから、144/430MHz用チューナーが登場しました!

【特 長】
■CAT-273は、送信電力250Wまでの入力可能な144MHz/430MHz帯専用のアンテナチューナーです。144MHz帯及び430MHz帯で独立した入出力コネクターを配置し、144MHz帯系統と430MHz帯系統を個別で使用できます。
■メーターは、クロス方式の採用により進行波、反射波、及びSWR値が同時に測定できます。また、1つのメーターを144MHz/430MHz帯で切り替え使用により、小型化・軽量化を考慮した設計。
■メーター目盛板には、照明ランプを装備してあり、夜間時の照明点灯により見やすくなります。(外部電源接続時)

※CAT-273は、144/430MHzが別個にMJ型・MJ型で出ます。
IC-910/911など、430MHzN型端子との接続には、MP-NPケーブル(MP-NP50cmケーブル)が必要です。
また、アンテナ側ケーブル端子MPの場合には、ダイレクトに接続出来ますが、NP型の場合には、変換コネクター(MP-NJコネクター)が必要です。

※今後、発売が予定されているCAT-283は、内部にデュプレクサー内蔵、144/430MHzがM型一本で出てくるようですが、発売時期は未定。遅れているようです。

■周波数範囲:144~146MHz/430~440MHz
■入力インピーダンス:50Ω 
■出力インピーダンス:15Ω~200Ω
■通過許容電力:250W以下(FM)
■SWR測定最小電力:6W以上
■照明用電源:DC11V~15V 約250mA
■コネクター:M型 
■寸法:H95×W210×D115mm
■重量:約1.4Kg 

【ご使用上のご注意】
□CAT-273は、250Wの入力に十分耐えるように設計されておりますが、同調時(調整をしている時)は、同調回 路に非常に高い電圧が発生したり、無線機から見たインピーダンスが大きく変化するため、送信機を保護する意味からも同調時の送信出力は、10W以下にして 行ってください。
□CAT-273に250W以上の送信電力を付加しないでください。故障の原因になります。
□CAT-273は、15Ω~200Ωの範囲で同調をとることができますが、接続するアンテナ系のSWRが範囲外の場合は、無理に同調をとらずに、アンテナ系を調整してからご使用ください。
□メーター目盛板の照明ランプ用外部電源電圧は、15V以上を絶対加えないでください。故障の原因になります。




CQオームに戻る
トピックストップに戻る


 


 

 
 

CQ HAM RADIOだより 2009年8月号

CQ ham radio 9月号は、8月19日発売です。



特集 固定局からオン・エアしよう『コンパクトに楽しむハムライフ』
○ アンテナ・チューナーを作ってみよう
○ 135kHz送信機の製作
○ これからのバンド 29MHz FM
別冊付録 アマチュア無線の運用倫理と運用手順 VOL.2



10月号(9月19日発売)に予定している特集及び主な記事をご案内します。

拡大版! 読者の製作実験室 ~小さな工夫から、アンテナ製作や実験まで~
多くの読者の皆さんにご投稿いただいている「読者の製作実験室」を一挙にご紹介します。日ごろの運用が楽しく、快適になるアイデア、便利に使えるアマチュア無線のための手作りアイテム、再現性はあまりないが実験してみた結果、大がかりな製作記事など、オリジナリティあふれる作品をご紹介します。

○ハムフェア2009レポート
8月22日と23日の二日間、東京ビッグサイトで開催されるアマチュア無線フェスティバルの模様をお届けします。

○本誌オリジナル企画「超小型受信モジュールの活用」
半導体技術の急速な進歩によって、従来はコイルやコンデンサなどの部品が必要だった無線機が、小さな半導体に次々に置き換えられています。実際に皆さんが利用している携帯電話の受信部分にもこうした新世代の半導体無線機が使われています。この新世代の無線用半導体の中で、われわれアマチュアが料理できる半導体を活用して、ハムライフに役立つ製作にチャレンジしてみます。

○夢への挑戦! 135kHz帯 EHアンテナの試作
この3月に開放された135KHz。1波長2200mにも及ぶアンテナ設計と製作は、アマチュア無線の物作りの究極ともいえるでしょう。その夢をEHアンテナで実現してみました。

○CW符合プロセッサの製作
手作りのCW符合をきれいな3:1で送れるようにサポートしてくれるCW符合プロセッサを製作します。自己流でなかなかきれいな符合が出せない方必見です。

○PCのノイズに負けない! PCインターフェース製作
デジタルモード運用に欠かせないPC。そのPCが発しているノイズ対策を考えた、PCインターフェースを製作しました。

○Ham Who's Next ハムフェア特別編
ハムフェアで若いハムに突撃インタビュー! 若者たちからは、いったいどんな話が飛び出すでしょうか!?

○短期連載 低周波発振器・低周波電圧計の製作
~正確な周波数、信号レベルのための~

○50MHz SSBトランシーバの製作

◎特別付録
アマチュア無線用世界地図帳
「DX WORLD ATLAS」
DX愛好家必携の「DX WORLD ATLAS」2009年度版が登場します。



今後の特集予定
11月号 10月19日 100円グッズで作るアクセサリー集 付録 アマチュア無線機器カタログ2009
12月号 11月19日 トランシーバ選択入門 付録 CQカレンダー2010
10年1月号 12月19日 2010年のアマチュア無線界 ハム手帳2010
※特集は、諸事情により変更する場合があります。


当サイトが役に立ったよ! という方はこちらへ!
毎週最新レビューを見落とさないためにこちら
CQオームはこちら

 


 




 
 

2009年9月CQオーム売り上げベスト

受信機部門
1位 IC-R5 オーソドックス。最近またまた人気が出てきました。今は、X8よりも若干人気か。
2位 
DJ-X8 今や定番。アルインコの人気モデル。初心者の方からOMさんまで。ノーマル・エアSP・鉄道SPと三種類用意しました!
3位 IC-R2500 パソコン操作型レシーバー。2波同時受信の高性能タイプ。HDDに録音できるシステムは魅力的!
4位 IC-R20 アイコムの多機能モデル!ハンディ機最高性能と言われています。
5位 PERSEUS 取り扱い開始したAORのパソコン操作型レシーバーです。


ハンディ機
1位 VX-8 ダントツの人気です。APRSにハマル人続出中!オプションも在庫あります!
2位 VX-3 値下げで火がつきました! 大人気のコンパクトハンディ。受信機の代わりにもなります。
3位 DJ-G7 アルインコの最新144/430/1200MHz。1200MHzが使用出来るハンディはこれだけ。

モービル機
1位 DR-620DV/HV アルインコのデュアルモービル機。コストパフォーマンスが高く人気です。
2位 IC-800/D D-STAR使うならこれ!お値打ちです。
3位 TM-D710/S ケンウッドのAPRSモデルです。

オールモード
1位 IC-7000/M/S HF-430MHzまで。DSP搭載の最新機種。いろいろ遊ぶならこれか。
2位 FT-857D/DM/DS スタンダードの人気機種。HF-430MHzまで。コストパフォーマンスが高く人気です。
3位 FT-897D/DM/DS スタンダードの人気機種。HF-430MHzまで。移動運用ならこちら。

 

特小
1位 DJ-P9U リユースモデル。とにかくお値打ちで、まとめ買いが多いです。
2位 DJ-R100DL/DS レピーター親機にも子機にもなれる万能モデル。お値打ちです。
3位 IC-4008WB アイコムのオーソドックスモデル。

 

その他
1位 Aカード 白紙QSLカード。広告無しタイプ。1000枚1,850円。
2位 FGPS-2 VX-8ユーザーは必須でしょう! この夏はGPSで遊びましょう!
3位 ERW-7 アルインコ パソコンでメモリー管理時に使用します。つ
4位 広告付Aカード 先月末から発売。1,350円で爆発的人気。印刷が間に合わないほど。皆さんにも届くかも~~~。
5位 MH74A7A VX-8用スピーカーマイク。人気です。
6位 MJMJナット付きコネクター なにかと便利なコネクターです。
7位 CTC50M 隙間ケーブル。ケーブルを通すところがないという方はこちら。
8位 MAT50 アースがとれなくて困っている方に!
9位 FNB-102LI VX-8用ロングライフバッテリー。
10位 BK10 車載アンテナを自宅で。ベランダ金具。

 

 

ハンディ用アンテナ
1位 SRH805S コンパクトで持ち運びに最適。
2位 SRH789 第一電波工業のロッドアンテナ。伸ばすと高性能。持ち運びにも便利。
3位 RH999 高性能ホイップアンテナ。変換コネクター入りで、SMAでもBNCでもOK。


 

車載用アンテナ
1位 HA750BL ブロードバンドアンテナ。車載だけでなく移動運用や自宅でも効果有り。
2位 HV7CX 第一電波工業多バンドモービルアンテナ
3位 SG7700 144/430MHzの高性能アンテナ。
 

自宅用アンテナ
1位 A430S10R 第一電波工業の簡単430MHz八木アンテナ。
2位 BB6W ブロードバンドアンテナ。移動運用でも使えます。
3位 X7000 第一電波工業144/430/1200MHzのトリプル。この長さが許容できるのであれば性能は抜群。N型です。

広帯域受信アンテナ
1位 SRH150 消防救急用! 高性能で、しかもなぜか安い。2,205円です。
2位 NR950M 多バンドを受信するならこれ。受信本でもお薦め。ただし、重いです。
3位 D130 オーソドックスな定番ディスコーン。サイズはありますが高性能。
4位 SRH350 JR鉄道無線受信に、ハンディ用アンテナです。安い。
5位 D150 D130よりも一回りコンパクトです。

 

エアバンド専用アンテナ・関連商品
1位 AL-120F-MR サガ電子アンテナ。現在他を寄せ付けない人気です。
2位 ABF128 AORさんのバンドパスフィルター。
3位 SRH1230 ハンディ用。長いです。長さが許容できれば性能は保証付き。




CQオームに戻る
トピックストップに戻る


 


 

 
 

鉄道無線の全て2009-2010 まもなく発売!

予約受付開始!鉄道無線のすべて2009-2010

鉄道無線のすべての最新版が早くも登場です!

三才ブックスさんより~

昨年の夏に発刊した「鉄道無線のすべて」列車と指令が交わす無線交信を受信するというジャンルは、昨今の何でもありの鉄道ブームの中にあっても異色の存在でした。
古くからある鉄道無線のジャンルであっても、1冊の本としてまとめられたのは本書がはじめてで、受信マニアだけではなく鉄道マニアにも納得いただける内容となりました。つきましては、2009-2010版としてリニューアル、特に人気だった周波数データを拡充し、陸上交通無線(バス・タクシー)を含めた別冊付録としました。

前作発売から約1年。
かなりの急ピッチでの新版発売。
具体的にどこが変わったのか、編集部の方に聞いてみました!

もちろん、全編書き下ろし、基本的な構成はそれほど変わりませんが、機材に関する解説がかなり充実しましたとのこと。また、受信機の徹底分析では、旧作に登場した10機種に加えて、この間に発売された、VX-8、DJ-G7、ARminiが追加されて、13機種になりました。

アンテナの徹底比較では、第一電波工業の新型鉄道無線対応アンテナのデータが増え、さらに、鉄道無線用とうたわれていないアンテナでも、「これは、鉄道無線用にいける!」というものを探し出して紹介されているようです。広帯域受信にも強く、鉄道無線にも強い……という万能アンテナが見つけられるはずです!

そうそう、さらに、モービルアンテナは? 八木アンテナは? そんなところまで今回の本は手を伸ばしてあるそうですよ。

そうそう、さらに面白いのは、イヤホンアンテナの性能比較!
通勤時など、やっぱり、イヤホンアンテナはかなり便利。
しかし、実際のところ、性能はどんな感じになるの? その実用性は?
そんなかなり『マニアック』な情報も盛り沢山になっているそうです!


CQオームに戻る
トピックストップに戻る

 


 


 

 
 

KTEL Bluetooth BEAR RIZARD (ベアリザード) 予約受付開始!

動画ニュース作ってみました。動くかな……。
KTEL Bluetooth BEAR RIZARD (ベアリザード) 予約受付開始!
再生スタート 左下の三角マークを押して下さい。
※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。
Get Adobe Flash Player



CQオームに戻る
トピックストップに戻る


 


 

 
 

スタンダードより新型ハンディ機・モービル機が登場する模様!

新製品速報その1

V/Uデュアルモービル機 FT-7900/H
切り替え式デュアルFT-7800の後継機種。
セパレートケーブル付属、DTMFマイクが初期付属、可変型空線スケルチ対応、TNC、APRS、WIRES用DATA端子をもちます。FT-7800の多機能型モデルという感じか。

新製品情報その2
144MHzシングルモービル機 FT-1900/H
久々のシングルモービル機。ゆくゆくは430MHzも出ると思われます。
大音量3Wスピーカー、ワンタッチロック、広帯域受信1136-174MHz対応、CWトレーニング機能、ARTS機能、こちらもDTMFマイク付属。へビューデューティー仕様、不要な機能を削りながらも、高性能を維持という感じか。

新製品情報その3
144MHzシングルハンディ5WFM FT-270
こちらも久々のシングルハンディ。430MHzも出ると思われます。
5W出力、さらに、1400mAh Ni-MH電池付属で約8時間動作。
IPX7相当防水(水深1mで30分水没)、大音量800mWスピーカーなど、アウトドアに強そう。


発売はハムフェア前後か!
もうすぐではありませんか!
続報はもうしばらくお待ち下さい!


CQオームに戻る
トピックストップに戻る


 


 

 
 

CQオーム店舗大売り出し!

◆夏祭り2009(今度は店舗売り出しです!)お近くの方は是非ご来店ください◆

8/8(土)・8/9(日)の二日間!
ネットには記載できない目玉品多数出ます!

502-0914
岐阜県岐阜市菅生3-11-8
CQオーム
058-2294-3949


CQオームに戻る
トピックストップに戻る


 


 

 
 

ハムフェア2009行ってきます!

さあ、今年もまもなくハムフェアです。
私は例年のように、初日に行きます。
デジカメとメモ帳持って、出かけますよ。
今年はどんな面白いイベントになるのか、どんな新しい商品が出るのか、すごく楽しみです!






●2009年8月22日(土)・23日(日)(両日とも10:00~17:00)
●東京ビッグサイト西2ホールで開催
●入場整理費(税込):一般1,500円/小・中学生、高校生 無料 ※会期中有効

帰ってきたら、各社の新製品情報を一気にご紹介しますよ!
是非ご期待下さい!


CQオームに戻る
トピックストップに戻る


 


 

 
 

第一電波工業 ATE350 2009年9月再々生産決定! 予約受付開始!

限定再再生産決定! ATE350 (ATE-350) 3~50MHz帯オートアンテナチューナー用エレメントセット







もうあの商品は出ないんですか?

すみません、完売です。再生産で全国限定100本出たんですが、それもすぐに売り切れてしまいまして……。

まとめ買いしておいたんですが、実は、壊してしまいまして、また欲しいんですが~。

残念ながら、もう手に入らないです。

そうですか……残念です……(がっかり)

……という話で、この間、ずっと、メーカーさんには要望をお伝えしつつ、ご注文はお断りしていたんですが、やはり、全国的にも、お客様からの要望が多かったようで、今回、再度、再生産が決定しました。

9月中旬!
本数 全国で50本 (あまりにも予約数が多いようであればもう少し生産されるかもという話でした)
ご希望の方は、この機会をお見逃しなく!



商品データ
AH-4や各社のオートアンテナチューナー使用時に、手軽に運用できるエレメントセットが登場。
全長は6.5mですが、繋ぎ方式で小さくなります。移動運用やベランダ運用がまた楽しくなりそうです。

■ATE350
●対応周波数:3~50MHz(オートアンテナチューナー併用による)
●耐風速:30m/sec
●全長:約6.5m
●重量:1.8kg
●適合マスト径:Φ30~Φ62

ATE350エレメント伸縮時のご注意事項
1 エレメントの伸縮作業は、エレメントを垂直に立てた状態で行ってください。
斜めや水平の状態で伸縮させますと、エレメントの自重によって、エレメント自体が湾曲し、動きが悪くなったり、エレメント表面に傷が付いたりすることがあります。又、接続部分に負担がかかり、スムーズに接続できなくなることがあります。
エレメント表面に傷が出てきた状態で、無理に出し入れを致しますと、傷によって発生したバリが、内部に詰まり更に動きにくくなりますので、無理に出し入れせず、接続部分に少し油(CRC556、機械油等)を差し、内部に染み込むのを待って、少しずつ出し入れしてください。
2 エレメントを緩める際、ゆっくりと下の段から縮めていただき、接続部のロックが外れた時に手を外さずに、少しずつ下げてください。
手を離し、エレメント全体が、一気に落下してしまうと、接続機構に負荷が加わり、変形して、エレメントが動かなくなってしまうことがあります。
又、逆にエレメントを伸ばす時も、接続機構に負荷がかかり、変形の原因となりますので、ご注意下さい。

商品画像や取扱説明書の抜粋は商品ページにありますので、ご覧下さい。

限定再再生産決定! ATE350 (ATE-350) 3~50MHz帯オートアンテナチューナー用エレメントセット





CQオームに戻る
トピックストップに戻る


 


 

 
 
はじめに
アマチュア無線専門店CQオームのTOPICSページです。アマチュア無線に関する最新ニュース・トピックスのご紹介。
CQオームはこちら
 
最近の記事
 
FC2カウンター
 
リンク
 
メルマガ登録をどうぞ

応援!アマチュア無線をより楽しむなら アマチュア無線総合情報誌めーるおーむをどうぞ! 初心者の方にも分かりやすく、新製品情報、お客様からの使用レポート、業界ニュース、特価品情報を多彩にご紹介。毎週月曜 日、アマチュア無線の楽しみ方、遊び方、関連情報を厳選して詰め合わせて、完全無料で、お届けしています。25000人が読んでいるメールマガジンです。 まもなく満14年。700号突破。(まぐまぐ大賞2007ノミネート 2006部門第3位受賞)応援!アマチュア無線をより楽しむなら アマチュア無線総合情報誌 めーるおーむをどうぞ!メルマガ読者様特典 → 年2回、売り出し時には、クーポン割引券がついてきます。ご購入金額に応じて、500円~1万円まで割引されます! サイト内の全ての商品にクーポン割引は使用可能です。詳しくはこちら

 
 

 
YouTube
人気の動画 最新商品レビュー ケテルフェアで見つけたバイク!

アマチュア無線関連動画を見逃さないために!
チャンネル登録をどうぞ。

 
ブログ内検索
 
カテゴリー
 
最近のコメント
 
最近のトラックバック
Top
Copyright © cqtopix / Designed by Paroday 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。